簡単水槽立ち上げ!パイロットフィッシュ不要のフィッシュレスサイクリング法

ろ過ってなに?
ろ過ってなに?

はじめて水槽を立ち上げるときに基本的な手段として、パイロットフィッシュを利用した立ち上げ方法があります。

パイロットフィッシュについて 水槽立ち上げの基本
水槽をはじめて立ち上げるときに大活躍する、パイロットフィッシュについてご紹介。その役割とおすすめの魚種、有用な場面についてわかりやすく解説します。

パイロットフィッシュを利用した水槽の立ち上げは、

  1. 立ち上げ初期に丈夫な生体を少数導入する
  2. 生体が排泄するアンモニアを元に、硝化細菌が定着する

このような理屈でバクテリアを定着させるテクニックとして、古くから用いられている手法です。

しかし、この手法のデメリットは「最終的に魚が残る」こと。
特に飼いたいわけでもない魚を飼育することになると、魚にとっても飼育者にとっても不幸です。

また、混泳や立ち上げ後の処理に困ることが予想される場合や、病気の持ち込みを警戒する場合、最初からパイロットフィッシュを採用しない 選択肢も考えられます。

そこで登場するのが、フィッシュレスサイクリング と呼ばれる立ち上げ手法です。

フィッシュレスサイクリングとは

パイロットフィッシュを導入せずにアンモニア源を添加してバクテリアを定着する手法です。
生体を入れずに試薬で亜硝酸塩の変化を毎日追うので、生き物の飼育というよりは化学実験をしているような気分になってくる手法です。

水槽が立ち上がるまで生体がまったくいない空の水槽を眺める期間が最短2週間~最長1ヶ月ほど続くので、人によって向き不向きはあると思います。

パイロットフィッシュの要点は、「毎日持続的に、少量のアンモニア添加が行える」点にあります。
つまりこの点に対して代替手段があれば、その方法でも同様にバクテリアの定着は促せるのです。

パイロットフィッシュを入れる直前、つまり水槽のセッティング自体は通常通り行います。
そのあとの対応がパイロットフィッシュ法とは異なります。

代替手段がいくつか知られています。

エサを腐敗させるパターン

持続的にアンモニア源を発生させればよいので、魚のエサの腐敗でも良いのです。
フィルターの中で徐々に腐敗させることで、水槽内にアンモニアを供給します。

腸内で働く善玉菌が配合されているタイプのエサを腐敗させて水槽を立ち上げると、手軽な上に安全性も高く、生体の導入後にそのまま与えられるので無駄がないでしょう。

善玉菌 フード の検索結果 | チャーム
「善玉菌 フード」に該当する商品一覧です。ペット用品の通販ならチャーム。常時65,000商品以上を在庫。チャームは年中無休、最短で翌日にお届け。

この手法は、パイロットフィッシュの世話をする必要がない代わりに、腐敗していく見た目の悪さがデメリットといえます。

とはいえ状態の確認は必須であるため、腐敗の様子が確認できない外部式フィルター内で行うのはおすすめできません。
容易にフィルター内部の状況を確認しやすい、上部式フィルターに向いている手法といえます。

また、多くの餌にはリン酸塩も含まれています。
このためコケが発生しやすくなり、サンゴ水槽などのリン酸をシビアにコントロールするような水槽の立ち上げには向きません。

https://www.shopping-charm.jp/category/2c2c2c2c-2c2c-3130-3033-303330303030
エサを入れた後の化学変化
腐敗による変化

タンパク質腐敗アミノ酸腐敗NH3

アンモニア酸化バクテリアによる変化

2NH3アンモニア + 3O2 アンモニア酸化バクテリア2NO2 亜硝酸+ 2H2O + 2H+

亜硝酸酸化バクテリアによる変化

2NO2 亜硝酸+ O2 亜硝酸酸化バクテリア2NO3硝酸

餌を入れて水中で放置すると、まずエサの主成分であるタンパク質が腐敗してアミノ酸に分解されます。続いてアミノ酸が腐敗し、アンモニアが発生します。

これを窒素源とし、アンモニア硝化細菌がまず定着、その後亜硝酸硝化細菌が定着します。

pH7.0以下でのアンモニアは、ほとんど無害なアンモニウムイオン(NH4+)の形で存在します。
pH7.0以上では毒性の強いNH3が多くなり、生体にとって有害です。

アンモニア水を添加するパターン

薬局などで購入できるアンモニア水も使えます。
残飯やフンなどの腐敗による生成物として生じるアンモニアを、最初から添加してしまおうという発想です。

いきなりアンモニアから添加を始めるため、今回紹介する方法の中では、最も早く定着が見込める手法です。
その代わり、取り扱い注意事項も多めです。

添加量は2Lに対して10%濃度のアンモニア水を1滴が目安です。
60cm水槽の場合は30滴前後となり、約1.5ml程度が目安となります。

このタイミングで市販のバクテリア剤を併用すると、より早い段階での定着が見込めます。

本来であれば残餌・フンから生じるアンモニアを、
直接添加してしまおうというのが
フィッシュレスサイクリング法の発想です。

この手法はパイロットフィッシュの世話をする必要がない上に、添加量はごく少量なので悪臭も気になりません。
一方で、アンモニアを毎日添加しないといけない点はデメリットといえます。

また、アンモニア自体は生体にとって大変毒性が強い物質です。
アンモニア水こと水酸化アンモニウムは強い粘膜腐食性を持つため、添加中は一切生体を入れないでください。

ポイントは亜硝酸塩の発生状況を確認しながら、毎日微量を添加することです。
必要に応じて添加量も調整してください。
添加しすぎると、かえって立ち上げに時間がかかることもあります。

バクテリア | チャーム
バクテリア ペット用品の通販ならチャーム。淡水用、海水用、汽水用など、常時65,000商品以上を在庫。年中無休、最短で翌日にお届け。
アンモニア水の化学変化
アンモニア酸化菌による変化

2NH3アンモニア + 3O2 アンモニア酸化バクテリア2NO2 亜硝酸+ 2H2O + 2H+

亜硝酸酸化菌による変化

2NO2 亜硝酸+ O2 亜硝酸酸化バクテリア2NO3硝酸

餌を直接投入する手法に比べると、こちらはタンパク質やアミノ酸の腐敗の過程をスキップできるのが最大の特徴です。

欠点としては毒性が強いため、誤って入れすぎたり、他の水槽に入れてしまったりすると影響が大きいことが挙げられます。

バクテリアの定着に必要な添加量はごく微量です。
アンモニア水には刺激臭と毒性がありますので、作業時は強く吸い込んだり、目に入ったりしないよう取り扱いにはご注意ください。

pH7.0以下でのアンモニアは、ほとんど無害なアンモニウムイオン(NH4+)の形で存在します。
pH7.0以上では毒性の強いNH3が多くなり、生体にとって有害です。

その他のパターン

アンモニアよりもさらに安全性が高く、pH調整の観点からも有効なアンモニア源として、硫化アンモニウム(硫安)や尿素も使う人もいるようです。

硫安や尿素は園芸用肥料として入手できます。
これらは大容量であるため特に大型水槽や、数十本にも及ぶ大量の水槽を一括管理する方から評価されている手法です。

特に硫安はpHを下げる性質が着目点です。
強アルカリであるアンモニア単体のpHを強酸である硫酸イオンで中和することにより、アンモニア単体よりも安全性が高く取り扱いやすくなっているようです。
本来の用途となる農業方面では、アンモニア単体よりも環境負荷の低いアンモニア態窒素として利用されています。

アンモニア水に比べると取り扱い上の注意点が少なく安全性も高いので、熱帯魚水槽をフィッシュレスサイクリングで立ち上げる場合には最良のアンモニア源とも言われるようです。


アンモニア源の特性一覧

アンモニア源にはそれぞれ次のような性質があります。
使用環境にあったものを選ぶと良いでしょう。

エサアンモニア水硫化アンモニウム
(硫安)
尿素
定着スピード遅い速いやや速いやや遅い
安全性×
備考外部式フィルターに向かない添加中は生体導入不可
毒性有、取扱注意
肥料なので入手は大容量
固形で保存しやすい
肥料なので入手は大容量
固形で保存しやすい
水槽サイズ小型水槽向け小型水槽向け大型水槽向け大型水槽向け
pHへの影響すぐには変化なしアルカリ性に傾ける酸性に傾けるほぼ変化なし

フィッシュレスサイクリングの必要性

結論からいってしまうと、水槽の立ち上げにおいて必須ではありません。
ただ、導入したほうが短期間でバクテリアが定着しやすくなります。

必ずしもフィッシュレスサイクリングを行わなくとも、ろ過バクテリアの定着はいずれ完了しますが時間がかかります。

ポピュラー種には不要かも

元々水質悪化に強く丈夫な魚種の場合、極論を言えばフィッシュレスサイクリングはいらないかもしれません。

バクテリアの定着には、それほど神経を使わなくても飼育できることが多いです。

ブルーグラス・グッピー
コリドラス・アエネウス

高額・レア種にチャレンジするならぜひ

高額な魚種や、入手機会の限られる貴重な魚種の飼育に挑戦する場合に有効といえるでしょう。

これらの魚種を飼育する際は、念入りに水つくりを準備した上で導入したいところです。

少しでもバクテリアの定着を早めたいとき、活躍するかもしれません。

ワイルド系ディスカス
ウルトラスカーレット・トリムプレコ

ろ材にもこだわろう

フィッシュレスサイクリングを用いたバクテリアの定着を図るのであれば、ろ材にもこだわりましょう。
具体的にはバクテリアの定着に優れた多孔質のろ材を多めに採用することで、ろ過の機能を最大限に活かすことができます。

リング状ろ材
外部式フィルターなどで
通水性を確保したいときに
ボール状ろ材
バクテリアの定着に有効な
表面積を優先したいときに
リング状ろ材 | チャーム
リング状ろ材 ペット用品の通販ならチャーム。常時65,000商品以上を在庫。年中無休、最短で翌日にお届け。
ボール状・ペレット状ろ材 | チャーム
ボール状・ペレット状ろ材 ペット用品の通販ならチャーム。常時65,000商品以上を在庫。年中無休、最短で翌日にお届け。

バクテリアの定着確認は必須

フィッシュレスサイクリングを用いた立ち上げを行うのであれば、バクテリアの定着確認は必須です。

最低でも亜硝酸検査試薬はないと、正しく進行しているかの状況確認ができません。
完全にフィッシュレスサイクリング法を使いこなすには、それだけでなくアンモニアと硝酸塩の検査試薬も必要です。

▼必須

亜硝酸/NO2 | チャーム
亜硝酸/NO2 ペット用品の通販ならチャーム。常時65,000商品以上を在庫。年中無休、最短で翌日にお届け。

▼測定推奨

アンモニア/NH3・NH4 | チャーム
アンモニア/NH3・NH4 ペット用品の通販ならチャーム。常時65,000商品以上を在庫。年中無休、最短で翌日にお届け。
https://www.shopping-charm.jp/category/2c2c2c2c-2c2c-3130-3437-343030303030
フィッシュレスサイクリング法における
バクテリア定着までの流れ
  • STEP1
    水槽立ち上げ

    立ち上げ完了時点でアンモニア源の添加を行います。

  • STEP2
    アンモニアの検出

    アンモニア源としてアンモニア水を添加している場合は即座に検出されます。
    それ以外を添加している場合は、徐々に検出されるようになります。
    試薬に付属の比色紙で値を確認し、もし危険域を超える値であったとしても生体が入っていないため、水換えは不要です。

  • STEP3
    亜硝酸の検出

    アンモニアが検出されてしばらくすると、亜硝酸も検出され始めます。

  • STEP4
    アンモニアの減少と亜硝酸の増加

    アンモニアが検出されて1週間程度経過すると、アンモニアが減少し始めます。
    一方、亜硝酸は増加を見せます。

  • STEP5
    亜硝酸の大幅増加

    アンモニアがほとんど検出されなくなり、亜硝酸が大幅に増加します。
    これはアンモニアを分解するバクテリアが定着した証拠と言えます。
    もし危険域を超える値であっても水換えは不要です。

  • STEP6
    亜硝酸の急激な減少

    水槽を立ち上げてしばらく経過すると、亜硝酸が急激な減少を見せます。
    これは亜硝酸を分解するバクテリアが定着した証拠と言えます。

  • STEP7
    アンモニア・亜硝酸共に検出0に

    バクテリアが完全に定着すると、アンモニア・亜硝酸共に検出されなくなります。
    これで晴れてろ過バクテリアの定着が完了しました。
    生体の導入が可能です。

フィッシュレスサイクリングの終了条件
  • アンモニアを添加しても翌日検出されないこと
  • 亜硝酸が検出されないこと
  • 硝酸塩が検出されること

アンモニア・亜硝酸が共に検出されなくなれば、ろ過バクテリアの定着が確認できています。
さらに、硝酸塩の検出まで確認できれば完璧です。

なお亜硝酸の値を追うだけでも、ある日急激な低下が見られた段階で、バクテリアの定着は概ね完了したと推測することはできます。

しかし、アンモニアが翌日に持ち越されたり、硝酸塩が検出できていなかったりするとまだフィッシュレスサイクリングは完成しておらず、不十分です。

万全を期するには、3つの成分全て測定することが重要です。

一度増加した亜硝酸の減少が確認できれば、バクテリアの定着が完了したと判断できます。

しかし、この状態でいきなり多数の生体を追加してはいけません。
いきなり大量に魚を追加すると、急激に増えたアンモニア量に対しバクテリアのキャパシティオーバーを引き起こします。
その結果、せっかくできあがったろ過バクテリアのバランスが崩壊してしまいます。

バクテリアの定着が完了しても、生体の追加は少数を様子見ながら複数回に分けて導入、が鉄則です。

▼こちらも参考 バクテリア定着までの最短ルート


フィッシュレスサイクリング まとめ

バクテリアの定着を早めたい、でも余計な生体を入れたくないときに有効
  • フィッシュレスサイクリングとは、パイロットフィッシュを導入せずにバクテリアの定着を図る手法です。
  • 少数の生体の代わりに、アンモニア源を直接導入することでバクテリアの定着を促し、本命の魚種の導入に備えます。
  • アンモニア源は観賞魚用のエサ、アンモニア水、硫化アンモニウム(硫安)、尿素の4択から選ぶのが基本です。
  • フィッシュレスサイクリングを行う場合、亜硝酸の数値は毎日検査します。
  • アンモニア源を一度にたくさん入れれば早くバクテリアが発生するわけではありません。
    バクテリアが分解できるキャパを超えて添加してしまうと水換えが必要になり、かえって手間が増えてしまいます。
  • フィッシュレスサイクリングは行わなくても、バクテリア自体はいずれ定着します。
    定着タイミングを早めるための手法です。
  • 導入前の水づくりが重要となる魚種では、有効な手法です。
    高額種や貴重な種を飼育する場合に活用ください。
投稿者
ほにゃらら sp.

福島県産のワイルド個体。
ロカリティの詳細は残念ながら記録がない模様。
アクアリウム歴はだいたい20年くらい。
「同属内で多様なバリエーション」が好き。若干コレクター気味。
つまりコリドラスや、ミクロソリウムが最高。ということですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました