ヒーターの選び方

用品解説
用品解説

どうも、ほにゃらら sp.です。

今回ご紹介するのはヒーターの選び方について。

熱帯魚の飼育には欠かせないヒーターですが、大きく分けて4種類あります。

どのタイプのヒーターでも熱帯魚の飼育自体は可能ですが、それぞれのタイプの特徴とメリット/デメリットを理解すると、より目的に合った適切な製品を選べるようになりますよ。

4タイプのヒーター

一口にヒーターといっても、機能が微妙に異なります。
大きく分けて4タイプあります。

オートヒーター

製品ごとに設定された温度に自動で調節してくれるタイプです。

温度可変式ヒーター

ダイヤル一体型になっており、任意の範囲で温度設定ができるタイプです。

サーモ接続用ヒーター

サーモスタットに接続して使用するタイプです。温度調節機能はありません。

外部式ヒーター

水槽内にヒーターを入れず、配管内に入れるタイプです。景観を最重要視する方に。

オートヒーター(温度固定式ヒーター)

オートヒーターは製品ごとに温度が決められており、その温度±2℃程度の範囲で自動的に調節してくれるヒーターです。

多くの熱帯魚は26℃前後が適温であるため、26℃設定の製品が多いです。

メリット
  • これ単品でコンセントに接続するだけで使えます。初めての方にも◎。
  • 単体で完結するうえ、比較的安価です。
デメリット
  • 細かい温度調節は不可。製品ごとに決められた温度にしか設定できません。
  • 故障した場合や使用期限(約1年)を迎えた場合は、本体ごと買い替えです。

オートーヒーターの最大の魅力は、なんといっても「扱いやすさ」でしょう。
特別な知識や製品を要求されず、接続するだけで熱帯魚にとっていい感じの温度に調製してくれます。
その上比較的安価です。サーモスタットなどの別途器具も不要です。

そのまま入れるだけで使用でき、価格帯も手が届きやすいので初心者の強い味方です。
はじめて熱帯魚を飼育する方には最もおすすめできるタイプの製品です。

一般的に26℃前後に設定された製品が多いですが、中には冬季の金魚用やメダカ用など少し低めに設定された製品もあります。
飼育する魚種によっては、そのような製品が適正になる場合もあるでしょう。

https://www.shopping-charm.jp/category/2c2c2c2c-2c2c-3130-3233-313030303030

一方で、飼育に慣れてくると「細かい温度設定ができない」「交換時は本体ごと」といった2点を不便に感じてきます。

熱帯魚飼育の経験を積めば積むほど、オートヒーターのデメリットを強く感じるようになります。
もし利便性よりも不便さが勝るように感じるのであれば、それは飼育技術がアップしてきた証拠です。

温度可変式ヒーター

温度可変式ヒーターは、製品ごとに決められた範囲で自由な温度設定ができるヒーターです。

一般的に、20~30℃の範囲で設定できる製品が多いです。

多くの熱帯魚は26℃前後で飼育ができますが、魚種によっては少し高め/低めの水温を好むものもいます。

これらの魚種をより適切な環境で飼育したい!というときなどに有効です。

適温が26℃ではない魚種の例
26℃より高めが良い
ディスカス
ガラ・ルファ
フラワーホーン
スネークヘッド
26℃より低めが良い
エンペラー・テトラ
コリドラス・パレアタス
ビーシュリンプ
水草中心の水槽
メリット
  • 単品でコンセントに接続するだけで使えます。温度はダイヤルで調節できます。
  • 温度設定が自由自在なので、適温が標準より高い/低い魚種にも最適です。
  • 白点病などの病気の治療時にも活躍します。
デメリット
  • 単品での製品価格は高額になる傾向があります。
  • 故障した場合や使用期限(約1年)を迎えた場合は、本体ごと買い替えです。

温度可変式ヒーターの魅力は「単体で完結」しており、なおかつ「自由な温度設定が可能」な点にあります。
最適な飼育水温が標準の26℃より少し外れる魚種や、白点病など病気の治療時にも活躍します。
メインの水槽では普段使いしないとしても、サブで1本持っておくと非常に便利です。

https://www.shopping-charm.jp/category/2c2c2c2c-2c2c-3130-3233-323030303030

一方で、初心者が手を出すにはやや高価であることと、故障した場合や使用期限を迎えた場合は丸ごと買い替えが必要になってしまう点が難点です。

病気の治療やトリートメントタンク用など、常用する水槽でない場合は有効な選択肢だと思います。

サーモスタット接続用ヒーター

サーモスタット接続用ヒーターは、これ単体では温度制御機能を持たないヒーターです。
温度制御を行う機器である「サーモスタット」に接続しての使用が前提となります。

これ単品での価格は最も安価ですが、運用するにはサーモスタットを別途購入する必要があります。
トータルで考えると、導入コストは高価になります。

しかし、長く運用するのであればこのヒーター部のみを交換すればOK。
ランニングコストが安い点が魅力です。
さらに、サーモスタット側の機能により任意の温度設定も可能です。

サーモスタットとは
サーモスタット

ヒーターの温度設定を調節する機器です。
センサーで水温を感知して通電のON/OFFを行います。

サーモスタット接続用ヒーターはこの機器との接続を前提としています。必ずセットで使用します。

もし接続していない場合はヒーター単体には温度制御機能がないため水温が上昇し続けます。

水槽が茹で上がってしまう事故が起こるので注意が必要です。

サーモスタット | チャーム
サーモスタット ペット用品の通販ならチャーム。300Wまで、600Wまで、1000Wまで、1001W以上など、常時65,000商品以上を在庫。年中無休、最短で翌日にお届け。

サーモスタットには、製品ごとに接続可能なヒーターのW数上限が決められています。
例えば上限300Wの製品に500Wのヒーターを接続すると、W数の上限オーバーで故障の原因になります。

必ずサーモスタットの上限W数以下の容量となるヒーターを接続してください。

メリット
  • 故障した場合や使用期限(約1年)を迎えた場合はヒーター部のみの交換でよいです。
    ランニングコストが安く済みます。
  • サーモスタットと併用することで任意の温度設定が可能です。
デメリット
  • ヒーター単体は安価ですがサーモスタットを別途購入する必要があるため、トータルでの導入コストは高額になる傾向があります。
  • 単体では使用できず、別の機器(サーモスタット)への接続が必要です。
    初心者には敷居が高いかもしれません。

サーモスタット接続用ヒーターの魅力は、温度設定ができる上にランニングコストが安く済むことです。
最適な飼育水温が標準の26℃より少し外れる魚種や、白点病など病気の治療時にも活躍します。
一つの水槽を長く運用するのであれば、最もおすすめできる選択肢です。

サーモスタット用ヒーター | チャーム
サーモスタット用ヒーター ペット用品の通販ならチャーム。100W~、150W~、200W~、300W~など、常時65,000商品以上を在庫。年中無休、最短で翌日にお届け。

基本的にサーモスタットとの接続が前提になるため、チャームではサーモスタットとこちらのヒーターのセット品も販売しています。

ヒーターとサーモのセット | チャーム
ヒーターとサーモのセット ペット用品の通販ならチャーム。30cm水槽~(50W~)、45cm水槽~(100W~)、60cm水槽~(150W~)、90cm水槽~(300W~)など、常時65,000商品以上を在庫。年中無休、最短で翌日にお届け。

このような製品特性上、熱帯魚飼育の経験を積んだ人にほど好まれる傾向があります。
一方で、はじめて飼育する方には敷居が高く感じるかもしれません。
その場合は先に紹介した「オートヒーター」や「温度可変式ヒーター」のほうが、扱いやすくて便利でしょう。

外部式ヒーター(インラインヒーター)

水槽内にヒーターを設置せず、配管内に設置するという革新的なヒーターです。

水槽内に人工物を極限まで入れたくない、景観を最重要視する方にオススメです。

インラインヒーターに関しては、このタイプ独自の要素が多いため専用の記事にて紹介しています。

高価な上に取り扱いがやや難しいので、上級者向けといえるかもしれません。

▼詳しくはこちらを参考


水温計を忘れずに

ヒーターの設置の際に忘れてはいけないのが、水温計の設置です。

設定した温度まで正しく温度が保たれているか、故障が発生していないか、などの確認に必須です。
水温計がなければ、万が一の故障にも気づけません。
ヒーターの故障による水温低下は、熱帯魚にとっては致命的な事故になります。

水温計は必ずセットで設置しましょう。

水温計 | チャーム
水温計 ペット用品の通販ならチャーム。デジタル式、アナログ式、室温計・湿度計など、常時65,000商品以上を在庫。年中無休、最短で翌日にお届け。

水槽サイズとW数

基本的に次の表のとおりです。

水槽サイズW数
小型水槽(約8L)20W~
30cm水槽(約12L)50W~
30cmキューブ水槽
(約24L)
80W~
45cm水槽(約32L)100W~
60cm水槽(約58L)150W~
90cm水槽(約180L)300W~
120cm水槽(約240L)500W~

水槽サイズに見合ったW数のヒーターを使用しないと、設定温度まで保温されません。

逆に水槽サイズに対しW数が超過したヒーターを用いても問題はありません。
しかし、発生する電力に対しパフォーマンスが悪いです。

できるだけ、水槽サイズに適合したW数の製品のご利用をオススメします。

ヒーター・保温器具 | チャーム
ヒーター・保温器具 ペット用品の通販ならチャーム。オートヒーター・温度固定式、温度可変式ヒーター、サーモスタット用ヒーター、ヒーターとサーモのセット、サーモスタット、ヒーターカバー、保温ボード、外部式ヒーター、断熱材、交換パーツなど、常時6...
寒冷地は1ランク上のW数を

ヒーターの性能は、外気温の影響を受けます。

冬季の室温が低い地域の場合、ヒーターのW数は目安とされるW数より1ランク高いものを選んでおくと安心です。

一般に室温が15℃を下回る環境では、ヒーターは本来の性能を発揮できません。

ヒーターはW数が高い製品ほど、消費電力が大きくなります。
観賞魚の飼育に用いる器具の中では最も電気代がかかるので、気に掛けておくと良いでしょう。

▼こちらも参考


ヒーターの選び方 まとめ

  • 「オートヒーター」は最も取り扱いが簡単なヒーターです。
    入れるだけで設定済みの温度に調節してくれます。単体で運用できます。
  • 「温度可変式」は任意の温度に設定が可能なヒーターです。
    単体で運用できます。
  • 「サーモスタット接続用」はサーモスタットを別途購入し、接続して使用します。
    接続することで温度設定ができ、ランニングコストに優れます。単体運用不可。
  • 「外部式ヒーター」は水槽外に設置するタイプのヒーターです。
    景観を最重要視する場合にオススメです。
  • ヒーターの性能を十分に発揮するためには、水槽サイズ(水容量)に見合ったW数の製品を選びましょう。

▼ヒーター設置時の注意事項 こちらも参考

投稿者
ほにゃらら sp.

福島県産のワイルド個体。
ロカリティの詳細は残念ながら記録がない模様。
アクアリウム歴はだいたい20年くらい。
「同属内で多様なバリエーション」が好き。若干コレクター気味。
つまりコリドラスや、ミクロソリウムが最高。ということですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました