コリドラス・ハブロースス<熱帯魚解説>

コリドラス
コリドラス種類解説(熱帯魚)

どうも、ほにゃらら sp.です。

今回ご紹介するのはコリドラス・ハブロースス。
ミニコリ系として知られる、超小型なコリドラスです。

ミニコリ系のコリドラスは一般に遊泳性が強いのですが、本種に関しては低層に留まる性質が強いです。

ミニコリ系コリドラスと一般的なコリドラスとの中間形のような性質を持つ、興味深い種ですね。

コリドラス・ハブローススとは

生物学的情報
名前コリドラス・ハブロースス
学名Corydoras habrosus
別名コリドラス・ハブロスス
コリドラス・ハブロサス
コリドラス・コチュイ
コリドラス・コチー
コリドラス・コクイ
※コチュイ、コチー、コクイは別種との混称
分類ナマズ目カリクティス科コリドラス亜科
食性雑食
タイプミニコリ系
分布ベネズエラ、コロンビア
飼育要件
飼育しやすさ★★★☆☆
標準
入手しやすさ★★★★★
よく見かける
混泳しやすさ★★★★★
とても混泳向き
最大体長3cm程度
適正水温22~27℃
pH生存可能:5.5~8.0
適正範囲:6.0~7.0
※あまり気にしなくてOK
備考水質悪化に注意
餌の頻度が重要

コリドラス・ハブローススはベネズエラ、コロンビア原産のコリドラスです。

成長しても3cmほどにしかならない超小型種として知られ、小型ながらも黒を基調としたシックな体色で、かわいらしさと渋い発色を併せ持っています。

ミニコリ系コリドラスの例に漏れず群れる性質があり、複数匹での飼育が基本となります。
1匹だと落ち着きません。

本種の飼育に関しては、ミニコリ系にしては一般的なコリドラスの要素が残っており、それぞれの中間的な環境を要求してきます。
一旦落ち着けば飼育は容易ですが、馴染むまでの間は状態を崩すことがあります。

痩せやすいので餌の頻度を増やすのが有効です。
水質は環境に慣れてしまえばさほど気にしませんが、導入直後はやや低めのpHで管理したほうがうまくいくでしょう。

ミニコリになり切れていないミニコリ

ミニコリ御三家
ハステータス
ピグミー
(ピグマエウス)
ハブロースス

ミニコリ系コリドラスには群れて遊泳する性質があり、これはカラシンに擬態する性質を獲得したコリドラスと考えられています。

「ハステータス」「ピグミー」は良く群れて中層をカラシンのように泳ぎ回ります。

しかしながら、ハブローススに関しては群れるところまでは合致するものの、前2種ほど積極的に遊泳しません。一般的なコリドラス同様、低層で活動する傾向があります。

底砂は細かいものを

ミニコリ系コリドラスは遊泳性が強いので底床を選びませんが、ハブローススに関しては低層で活動する傾向があります。
したがって、底砂が細かいものを選びましょう。

一般的なコリドラスほどではないものの、底床を掘り返す習性も持っています。

目が細かい砂を使おう
田砂

コリドラスと田砂は定番の組み合わせです。

田砂の砂粒はほどよく細かいうえに角が丸く、コリドラスのデリケートな髭を傷つけない点が評価されています。

他にも、“ほどよく細かく、粒の角が丸い”砂であればコリドラスと好相性です。相性の良い組み合わせを探してみましょう。

コリドラサンド
ナチュラルネグロサンド
No.111 Spring Water
アマゾン川の白砂

一応、大磯砂でも飼育は可能です。

痩せやすいので一般的なコリドラスに比べると飼育難易度は少しだけ高くなります。
高水温と水質の悪化には弱いので、様子を見ながら管理していきましょう。


ハブロースス似のコリドラス

コリドラス・コチュイ

学名:Corydoras cochui

ブラジル、アラグアイア川原産の小型のコリドラスです。
「コチュイ」や「コチー」「コクイ」などの名で流通するコリドラス自体は良く見かけますが、その大部分はハブローススが別名で販売されているものです。

入荷は極めてまれで、ミニコリ系の中では最も希少性が高い種といえます。
本種こそが本物の「コチュイ」その種であり、区別のために「リアルコチュイ」と呼ばれることもあります。
チャームでも2016年に1回だけ入荷がありましたが、それ以降の入荷は今のところありません。

本種もハブロースス同様痩せやすいので、少量のエサを回数を増やして与えます。

ハブローススとの比較
ハブロースス
  1. 体側中央に黒く太いバンドがある
  2. 全体的に黒っぽい
コチュイ
  1. 黒いバンドがない
  2. 全体的に白っぽい

本物の「コチュイ」はハブローススに比べ、透明感があり白っぽい体色が特徴的です。
並べてみると一目瞭然の違いがあります。


有用なアイテム

ハブローススはミニコリ系グループに入りますが、その中では一般的なコリドラスに寄った性質を持っています。

群れとエサに関してはミニコリ系寄りなので、この点について解説します。

群れで飼育しよう

ハブローススは臆病で良く群れる性質があります。
1匹だと臆病になり出てこなくなってしまうので、同種を複数匹導入すると良いでしょう。

シェルターや枝状流木を入れておくと、ハブローススが隠れたり遊んだり、小柄な本種ならではの魅力を観察できます。

シェルター
枝状流木
エビ・小魚用 | チャーム
エビ・小魚用 ペット用品の通販ならチャーム。常時65,000商品以上を在庫。年中無休、最短で翌日にお届け。
枝状 | チャーム
枝状 ペット用品の通販ならチャーム。長さ15cm未満、長さ15cm~、長さ25cm~など、常時65,000商品以上を在庫。年中無休、最短で翌日にお届け。

オススメの餌
ff num06
キョーリン クレストフリーク
コリビッツ

沈下性の顆粒餌が◎です。

逆にイマイチ?
タブレットフード

ハブローススには大きすぎるかも?

ハブローススは小粒な方が食べやすいので、「沈下性の顆粒」タイプが良いでしょう。

コリドラス専用タブレット(通称:コリタブ)も食べられますが、サイズが非常に小さいのでどうしても食べ残しが多く出てしまいます。
10匹以上でタブレット1個が目安になると思います。

他のコリドラスと混泳させている場合は、タブレットでもおこぼれにありつけます。
しかし痩せやすい魚ですので、ハブローススがきちんと食べられているかは確認しましょう。

https://www.shopping-charm.jp/category/2c2c2c2c-2c2c-3130-3431-323530303030

それ以外に関しては教科書通りの飼育で十分対応できます。

コリドラス全般に共通する基本的な性質については、コリドラス共通ページをご覧ください。

コリドラスの世界
熱帯魚界の「ソコモノ」代表、コリドラスの情報サイト。コリドラスの飼育に必要な全ての基礎知識と、厳選した人気種をピックアップして紹介しています。

混泳について

ハブローススは非常に混泳向きのコリドラスです。
コリドラス同士であれば基本的に問題ありません。

グッピー、プラティ、テトラ、ラスボラ……。
人気の小型熱帯魚とも混泳相性は抜群です。

基本的には、コリドラスに対し攻撃を仕掛ける生体でなければ、ほとんどなんでも混泳可能です。
コリドラスがトラブルの火種になることは少ないですが、コリドラス以外の同居魚同士の相性はよく考えてあげてくださいね。

肉食魚は事故リスク有り
スネークヘッドの仲間
ハゼの仲間

ハブローススは非常に小型であることから、肉食魚との混泳には注意が必要です。
10cm程度の中型種でも、口が大きい魚種の場合は飲み込まれて引っかかる事故が発生する可能性があります。このため、混泳はおすすめできません。

混泳相手混泳相性備考
グッピー
グッピーは弱アルカリ性を好みます。
プラティ・卵胎生メダカ
多くの卵胎生メダカは弱アルカリ性を好みます。
カラシン・小型テトラ
コイ・ラスボラ
ローチ・ボーシャ・タニノボリ
ローチ、タニノボリ系は好相性です。
ボーシャ系の攻撃性を持つ種では注意が必要です。
フライングフォックス/アルジイーター
ドワーフシクリッド
アフリカンシクリッド
×
エンゼルフィッシュ
ディスカス
ベタ・グラミー・アナバス
コリドラス
オトシンクルス・ロリカリア
大型種の場合、遊泳域が重なるのでエサの取り合いが発生することがあります。
サイズや飼育数、遊泳スペースを調整すれば問題はありません。
※一般的なオトシンクルスやオトシンネグロは特に問題はありません。
プレコ
大型種の場合、遊泳域が重なるのでエサの取り合いが発生することがあります。
サイズや飼育数、遊泳スペースを調整すれば問題はありません。
※タイガー、ブッシープレコ系はトラブルを起こしにくいでしょう。
※セルフィン、ロイヤルプレコ系は力関係を要観察です。
レインボーフィッシュ
ハゼ・ゴビー
遊泳層がかぶるため、攻撃性の高い種では注意が必要です。
フグ・パファー
×
エビ・ビーシュリンプ
稚エビは食べられる可能性があります。
コリドラス・ハブローススの混泳相性表
※混泳相手の種や性格によっては、例外もあります。
◎・・・混泳に適した組み合わせです。
〇・・・混泳は可能ですが、種や個体の性格によっては工夫が必要な場合もあります。
△・・・混泳は不可能ではありませんが、適しているとは言えません。工夫次第で可能になる場合もあります。
×・・・混泳には適さない組み合わせです。

基本的には、コリドラスに対し攻撃を仕掛ける生体でなければ、ほとんどなんでも混泳可能です。
コリドラスがトラブルの火種になることは少ないですが、コリドラス以外の同居魚同士の相性はよく考えてあげてくださいね。

コリドラス以外の生体間での相性はあるので、留意しましょう。


コリドラス・ハブロースス まとめ

コリドラス・ハブロースス。

ミニコリ系コリドラスの中では、一般的なコリドラスの性質を色濃く残した種です。
ミニコリの可愛らしさはそのままに、他のコリドラスと仲良く低層で暮らします。

群れで飼育することと、餌に配慮することの2点に気を付ければ、他は一般的なコリドラスの飼育とそう大きく変わりません。

コリドラスのコレクションの中に混ぜてみると、かわいらしさが際立ちます。
ぜひ、本種の追加を検討してみてくださいね。

https://www.shopping-charm.jp/search?q=%E3%82%B3%E3%83%AA%E3%83%89%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%80%80%E3%83%8F%E3%83%96%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%82%B9

コリドラス関連記事

コリドラスの世界
熱帯魚界の「ソコモノ」代表、コリドラスの情報サイト。コリドラスの飼育に必要な全ての基礎知識と、厳選した人気種をピックアップして紹介しています。
超コリドラス大図鑑<チャーム過去取扱い全種一覧>
チャームに過去入荷したことのあるコリドラス全種を一覧化。200種以上を網羅したコリドラス図鑑です。名称検索や絞り込み検索も可能です。
コリから目線でモノを言う
コリドラス専門コラムの一覧です。 コリドラスが底砂を深掘るように、「コリから目線」で語ります。
投稿者
ほにゃらら sp.

福島県産のワイルド個体。
ロカリティの詳細は残念ながら記録がない模様。
アクアリウム歴はだいたい20年くらい。
「同属内で多様なバリエーション」が好き。若干コレクター気味。
つまりコリドラスや、ミクロソリウムが最高。ということですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました