コリドラス・レティキュラータス<熱帯魚解説>

コリドラス
コリドラス種類解説(熱帯魚)

どうも、ほにゃらら sp.です。

今回紹介するのはコリドラス・レティキュラータス。

通称“ネットワーク系”と称される、網目模様が特徴的なコリドラスです。
背ビレの先端が黒く染まり、状態良く飼育すると体全体がメタリックに輝きます。
味わい深い魅力を持った種です。

コリドラス・レティキュラータスとは

生物学的情報
名前コリドラス・レティキュラータス
学名Corydoras reticulatus
分類ナマズ目カリクティス科コリドラス亜科
食性雑食
ノーズショートノーズ
レティキュラータス系
分布ペルー、ブラジル
飼育要件
飼育しやすさ★★★★★
とても容易
入手しやすさ★★★☆☆
ふつう
混泳しやすさ★★★★★
とても混泳向き
最大体長6cm程度
適正水温22~25℃
pH生存可能:5.5~8.0
適正範囲:6.0~7.0
※あまり気にしなくてOK
備考特になし
標準的なコリドラスです。

コリドラス・レティキュラータスはブラジル、ペルー原産のコリドラスです。
“ネットワーク系”と称される体側の網目模様が美しく、この柄は尾ビレにまで入ります。
また種小名のreticulatusレティキュラータスは「網目状の」という意味があり、まさに名は体を表す種となっています。

背ビレの先端には黒い斑点が入り、これはブラックスポットと呼ばれます。
脂ビレにも黒いラインが入ります。

本種の飼育に関しては、熱帯魚飼育に必要とされる基本的な設備を整えていれば、それでOKです!
注意点があるにしても、底砂に砂粒の細かいものを採用するぐらい。

目が細かい砂を使おう
田砂

コリドラスと田砂は定番の組み合わせです。

田砂の砂粒はほどよく細かいうえに角が丸く、コリドラスのデリケートな髭を傷つけない点が評価されています。

他にも、“ほどよく細かく、粒の角が丸い”砂であればコリドラスと好相性です。相性の良い組み合わせを探してみましょう。

コリドラサンド
ナチュラルネグロサンド
No.111 Spring Water
アマゾン川の白砂

一応、大磯砂でも飼育は可能です。

pHもどちらかと言えば弱酸性を好みますが、そんなに気にしなくてOKです。
少しぐらいアルカリ性に傾いても平気です。

割と水質には寛容なので、あまり小難しく考えなくとも基本さえ押さえれば問題なく飼育できます。


レティキュラータス似のコリドラス

通称“ネットワーク系”と呼ばれるコリドラスたちです。

コリドラス・ソダリス

学名:Corydoras sodalis

コリドラス・ソダリスはペルー、ヤバリ川原産のコリドラスです。

グレーをベースとした体色の全身に網目模様が入り、このタイプの柄を持つコリドラスは総じて“ネットワーク系”と呼ばれます。
普段は艶消し気味の発色を見せますが、状態良く飼育すると体側がギラギラと輝くようになります。

似た模様を持つコリドラスは他に複数種知られますが、本種は背ビレに大きな黒斑が入らない点も特有の特徴です。尾ビレのスポットも細かいです。

レティキュラータスとの比較
レティキュラータス
  1. 背ビレに大きな黒斑がある
  2. 脂ビレが黒い
  3. 尾ビレの縞模様が太い
ソダリス
  1. 背ビレに大きな黒斑がない
  2. 脂ビレが透明
  3. 尾ビレの縞模様が細かい

コリドラス・トリリネアータス

学名:Corydoras trilineatus

ブラジル、ペルー原産のコリドラスです。
こちらも背ビレに大きな黒点が入ります。

網目模様の入り方が前2種とは異なり、全体的に途切れ途切れに入ることで迷路状に表現されるのが大きな相違点です。

また、前2種に比べると体色もやや艶消しで、白みが強い体色をしています。
状態良く飼育しても体側部分にさほどメタリック感は出ず、艶消しのままとなります。

コリドラス・パンタナルエンシス

学名:Corydoras pantanalensis

ボリビア、ラスペタス、クシス川原産のコリドラスです。
メタリックグリーンを帯びたネットワーク模様が美しい種で、ソダリスとエレガンスを足したような特徴を持ち合わせます。

コリドラス・エレガンス

本種はコリドラスとしては珍しく、雌雄で模様が異なることが知られています。

パンタナルエンシス メス

以前はネットワーク模様のあるタイプを“ボリビアヌス”、ないものを“ラトゥス”とされていましたが、これは雌雄差であることが後に分かったようです。


“ボリビアヌス”がオス、“ラトゥス”がメスと思われ、現在ではどちらも本種とされてます。

体長8cm程度と、一般的なコリドラスに比べると一回り程度大きくなります。
入荷は非常に少なく、珍しいコリドラスといえます。

セミロングノーズ・ロングノーズが居ない?

「ソダリス」「レティキュラータス」「パンタナルエンシス」といった、網目状の模様を持つ通称“ネットワーク系”コリドラスは全てショートノーズです。

トリリネアータスに関しては網目状の模様をした個体もいますが、ネットワーク系というよりはスポット系に振り分けられることが多いです。系統的にも、その判断が支持されているようです。

通常、コリドラスにはセミロングノーズやロングノーズなどのノーズ違いが知られるものです。
しかし、ネットワーク系グループにだけはノーズの異なるタイプがなぜかまだ見つかっていません。

遺伝子解析の結果によると、実はネットワーク系コリドラスのグループはそれ自体がセミロングノーズ系に近縁なグループとなるようです。(セミロングノーズ系4亜系統のうちの1つ)

多くのショートノーズ系のコリドラスが属するグループとは大きく異なる系統に位置づけられるため、これが他のノーズタイプが見つからない理由なのかもしれません。

セミロングノーズ系近縁グループ
セミロングノーズ系
(アガシジィなど)
ブロキス系
(スプレンデスなど)
ネットワーク系
(レティキュラータスなど)

他にガーベイ、フィラメントーサスなどが該当します。


有用なアイテム

おすすめの組み合わせは次の通りです。

水槽フィルター底床
30~90cm外掛け、上部、外部タブレット、顆粒(沈下性)

レティキュラータスの飼育に関しては教科書通りの飼育で十分対応できるため、初心者の方でも飼育しやすいコリドラスです。

コリドラス全般に共通する基本的な性質については、コリドラス共通ページをご覧ください。

コリドラス
「コリドラス」の記事一覧です。

混泳について

レティキュラータスは非常に混泳向きのコリドラスです。
コリドラス同士であれば基本的に問題ありません。

グッピー、プラティ、テトラ、ラスボラ……
人気の小型熱帯魚とも混泳相性は抜群です。

混泳相手混泳相性備考
グッピー
グッピーは弱アルカリ性を好みます。
プラティ・卵胎生メダカ
多くの卵胎生メダカは弱アルカリ性を好みます。
カラシン・小型テトラ
コイ・ラスボラ
ローチ・ボーシャ・タニノボリ
ローチ、タニノボリ系は好相性です。
ボーシャ系の攻撃性を持つ種では注意が必要です。
フライングフォックス/アルジイーター
ドワーフシクリッド
アフリカンシクリッド
×
エンゼルフィッシュ
ディスカス
ベタ・グラミー・アナバス
コリドラス
オトシンクルス・ロリカリア
大型種の場合、遊泳域が重なるのでエサの取り合いが発生することがあります。
サイズや飼育数、遊泳スペースを調整すれば問題はありません。
※一般的なオトシンクルスやオトシンネグロは特に問題はありません。
プレコ
大型種の場合、遊泳域が重なるのでエサの取り合いが発生することがあります。
サイズや飼育数、遊泳スペースを調整すれば問題はありません。
※タイガー、ブッシープレコ系はトラブルを起こしにくいでしょう。
※セルフィン、ロイヤルプレコ系は力関係を要観察です。
レインボーフィッシュ
ハゼ・ゴビー
遊泳層がかぶるため、攻撃性の高い種では注意が必要です。
フグ・パファー
×
エビ・ビーシュリンプ
稚エビは食べられる可能性があります。
コリドラス・レティキュラータスの混泳相性表
※混泳相手の種や性格によっては、例外もあります。
◎・・・混泳に適した組み合わせです。
〇・・・混泳は可能ですが、種や個体の性格によっては工夫が必要な場合もあります。
△・・・混泳は不可能ではありませんが、適しているとは言えません。工夫次第で可能になる場合もあります。
×・・・混泳には適さない組み合わせです。

コリドラス・レティキュラータス まとめ

コリドラス・レティキュラータス。

特徴的な網目模様に、背中のブラックトップが良く目立つコリドラスです。
導入してすぐは艶消しですが、安定した環境でじっくり飼育すると体側がギラギラと輝き出すのもさらなる魅力といえるでしょう。

ネットワーク系の模様を持つコリドラスは種数が少ないので、いろいろな種類を泳がせたコリドラス水槽でも判別しやすく良く目立ちます。

流通も少なくはなく、比較的入手しやすい点も魅力です。
個体差も激しいため、さまざまな模様の個体を集めてみるのもまた楽しいかもしれません。

背ビレを見れば一発なので、慣れるとソダリスとの識別も簡単です。
協調性のよいショートノーズ種なので、多くのコリドラス同士の混泳にも最適といえるでしょう。

個性が光っていて、コリドラスコレクションにはぜひ加えたい種ですね。

https://www.shopping-charm.jp/search?c=2c2c2c2c-2c2c-3133-3030-303030303030&q=Corydoras%20reticulatus

コリドラス関連記事

コリドラスの世界
熱帯魚界の「ソコモノ」代表、コリドラスの情報サイト。コリドラスの飼育に必要な全ての基礎知識と、厳選した人気種をピックアップして紹介しています。
超コリドラス大図鑑<チャーム過去取扱い全種一覧>
チャームに過去入荷したことのあるコリドラス全種を一覧化。200種以上を網羅したコリドラス図鑑です。名称検索や絞り込み検索も可能です。
コリから目線でモノを言う
コリドラス専門コラムの一覧です。 コリドラスが底砂を深掘るように、「コリから目線」で語ります。
投稿者
ほにゃらら sp.

福島県産のワイルド個体。
ロカリティの詳細は残念ながら記録がない模様。
アクアリウム歴はだいたい20年くらい。
「同属内で多様なバリエーション」が好き。若干コレクター気味。
つまりコリドラスや、ミクロソリウムが最高。ということですね。

AQUALASSIC(アクアラシック)

コメント

タイトルとURLをコピーしました