バタフライ・レインボー“アルー2”<熱帯魚解説>

レインボーフィッシュ
レインボーフィッシュ種類解説(熱帯魚)

どうも、ほにゃらら sp.です。

今回ご紹介するのはバタフライ・レインボー“アルー2”。
水草レイアウト水槽では定番のレインボーフィッシュ「バタフライ・レインボー」の地域変異型です。

通常のバタフライ・レインボーでは黄色いボディに背ビレと尻ビレが白く染まり、黒い細かいスポットが入ります。
これに対し、アルー2はボディや各ヒレが青白く染まる点が最大の特徴。
加えて、尾ビレの先端がオレンジ色に染まって美しいコントラストを見せるように
通常とはひと味違う美しさで愛好家を魅了します。

アルー4以上に流通は少なく、入荷は希少な極美種です。

▼通常のバタフライ・レインボーはこちら

バタフライ・レインボー<熱帯魚解説>
バタフライ・レインボーは背ビレと尻ビレが大きく広がり、蝶のようなシルエットで人気の小型美魚です。水草水槽では、岩組レイアウトに特に向いています。

バタフライ・レインボー“アルー2”とは

生物学的情報
名前バタフライ・レインボー“アルー2”
学名Pseudomugil gertrudae “aru2”
分類トウゴロウイワシ目トウゴロウイワシ亜目メラノタエニア科シュードムギル亜科
食性雑食
分布インドネシア-アルー諸島
飼育要件
飼育しやすさ★★★★★
とても容易
入手しやすさ★☆☆☆☆
とても珍しい
混泳しやすさ★★★★★
とても混泳向き
最大体長4cm程度
適正水温20~25℃
pH生存可能:6.0~8.0
適正範囲:7.0~7.5
備考特になし
標準的なレインボーフィッシュです。

バタフライ・レインボー“アルー2”はインドネシア、アルー諸島原産のレインボーフィッシュです。

バタフライ(蝶)に例えられるように、オスの背ビレと尻ビレは大きく伸長します。

メスはこの伸長は控えめです。

バタフライ・レインボー”アルー2” メス

アルー諸島産の地域変異は4タイプいると言われており、アルー2はその一つです。

アルー2は、通常流通する個体に比べて青白さが際立ち、尾ビレの先端部がオレンジに染まる独特な色彩を持っています。
味わいのある色彩ですが入手機会が少なく、マニア需要の高い地域変異個体です。

60cm水槽で20~30匹ぐらいを目安に群泳させるとレイアウトが引き立ちますが、大変貴重で高価な魚です。したがって、数を導入するには自前でのブリードが前提となるでしょう。

通常流通する個体がレイアウト水槽に群泳させる目的で飼育されることが多いのに対し、こちらはペアで購入してじっくり繁殖を狙うなど、マニアックな楽しみ方での需要が多くなります。

岩組レイアウトにオススメ
岩組レイアウト

水草レイアウト水槽に泳がせる小型魚としては、「テトラ」「ラスボラ」「レインボーフィッシュ」が3大美魚といえるでしょう。

このうちレインボーフィッシュに関しては、他のグループよりも硬度のある環境を好む傾向があります。
pHはちょうど7.0の中性付近が最適です。
どちらかといえば、弱酸性よりもむしろ弱アルカリ性に傾いていた方が調子が良い傾向があります。

このため、流木よりも石を中心に組んだレイアウトのほうが本種が好む水質になりやすく、ゆえに岩組レイアウトでの適正が高いのです。

風山石
木化石
溶岩石
龍迅石

バリエーション

バタフライ・レインボー

通常流通するバタフライ・レインボーです。

アルー2に比べ、ボディが黄色く染まります。

安価で流通量も非常に多く、水草レイアウト水槽に群泳させる場合はこちらが基本となるでしょう。

通常のバタフライとの比較
アルー2
  1. ボディが青白
  2. 尾ビレの先端部がオレンジ
通常のバタフライ・レインボー
  1. ボディが黄色
  2. 尾ビレは白一色

シルエットはよく似ていますが、ボディの発色で一目瞭然です。
通常のバタフライレインボーは黄色が強いのに対し、アルー2は青白さが際立ちます。
また、アルー2の尾ビレは全体的には白ですが、先端部だけがオレンジに染まります。

バタフライ・レインボー<熱帯魚解説>
バタフライ・レインボーは背ビレと尻ビレが大きく広がり、蝶のようなシルエットで人気の小型美魚です。水草水槽では、岩組レイアウトに特に向いています。

バタフライ・レインボー “アルー4”

本種とはまた異なる、インドネシア、アルー諸島原産のバタフライレインボーの1タイプです。
4タイプいるといわれる地域変異の1つで、青さが際立ちます。

アルー2に比べるとさらに青みが深まった発色を示します。
一方で、尾ビレにはオレンジ色の発色は見られなくなりました。

アルー諸島産の地域変異はいずれも入荷が少ないのですが、アルー4は比較的入荷の機会がある方です。

飼育に関しては、通常のバタフライ・レインボーと特に変わりません。

アルー4との比較
  1. ボディの白みが強い
  2. 尾ビレの先端部がオレンジ
  1. ボディの青みが強い
  2. 尾ビレは白一色

シルエットはよく似ていますが、ボディの発色と尾の色彩で一目瞭然です。
アルー4は青さが際立ち、アルー2は白さが際立ちます。


有用なアイテム

おすすめの組み合わせは次の通りです。

水槽フィルター底床
30~90cm外掛け、上部、外部ソイル、大磯砂、砂利、砂、セラミック顆粒、フレーク

サンゴ砂以外であれば、何でも使えます。
レインボーフィッシュは中性に近い水質を好むので、大磯、砂利系がおすすめです。
水草水槽に群泳させたい場合、ソイルでも飼育可能です。

アルー2はバタフライ・レインボーの地域変異型ですが、飼育に関しては何ら変わりません。
教科書通りの飼育で十分対応できるため、初心者の方でも飼育しやすいレインボーフィッシュです。

レインボーフィッシュ全般に共通する基本的な性質については、レインボーフィッシュ共通ページをご覧ください。


混泳について

バタフライ・レインボーは非常に混泳向きのレインボーフィッシュです。
同程度のサイズのレインボーフィッシュ同士であれば基本的に問題ありません。

グッピー、プラティ、テトラ、ラスボラ……
人気の小型熱帯魚とも混泳相性は抜群です。

ヒレをかじる種は避けましょう
エンペラー・テトラ
インパイクティス・ケリー

「エンペラー・テトラ」や「インパイクティス・ケリー」などの、多少でもヒレをかじってしまうテトラ類との混泳はあまり向きません。

テトラ類同士であればさほど問題にならない組み合わせでも、レインボーフィッシュはテトラほど機敏ではありません。
ヒレを痛めると、観賞価値を大きく損ないます。

混泳相手混泳相性備考
グッピー
プラティ・卵胎生メダカ
カラシン・小型テトラ
テトラ類は弱酸性を好みます。
コイ・ラスボラ
ローチ・ボーシャ・タニノボリ
ローチ、タニノボリ系は好相性です。
ボーシャ系の攻撃性を持つ種では注意が必要です。
フライングフォックス/アルジイーター
ドワーフシクリッド
サイズ差に注意
アフリカンシクリッド
×
エンゼルフィッシュ
サイズ差に注意
ディスカス
サイズ差に注意
ベタ・グラミー・アナバス
コリドラス
オトシンクルス・ロリカリア
プレコ
レインボーフィッシュ
ハゼ・ゴビー
フグ・パファー
×
エビ・ビーシュリンプ
稚エビは食べられる可能性があります。
バタフライ・レインボーの混泳相性表
※混泳相手の種や性格によっては、例外もあります。
◎・・・混泳に適した組み合わせです。
〇・・・混泳は可能ですが、種や個体の性格によっては工夫が必要な場合もあります。
△・・・混泳は不可能ではありませんが、適しているとは言えません。工夫次第で可能になる場合もあります。
×・・・混泳には適さない組み合わせです。

基本的には、レインボーフィッシュに対し攻撃を仕掛ける生体でなければ、ほとんどなんでも混泳可能です。
レインボーフィッシュがトラブルの火種になることは少ないですが、レインボーフィッシュ以外の同居魚同士の相性はよく考えてあげてくださいね。

レインボーフィッシュ以外の生体間での相性はあるので、留意しましょう。

ただし、アルー2を飼育するということは混泳水槽で楽しむ目的よりも、繁殖などに取り組むことが多いでしょう。
繁殖に取り組む場合は、アルー2単独で飼育したほうが良いです。


繁殖について

流通の少なさゆえに情報の少ない種ですが、十分に成熟したペアであれば繁殖は容易と思われます。
バタフライレインボーや、アルー4のノウハウがきっと活かせることでしょう。

水草の繁茂したレイアウト水槽で本種を単独飼育していると水草などの基質に粘着卵を産みます。
ウィローモスなどを良く茂らせておくと良いでしょう。

ウィローモス | チャーム
ウィローモス ペット用品の通販ならチャーム。水草単品、ライフマルチ・コテージ、マルチリングブラック、ハニカム、ハニカムブラック、益子焼コテージ、益子焼ハウス、ボール、モスムーン、ドーム、タイル、マット、ふんわり、風山石、溶岩石ボール、穴あき...

孵化後の稚魚は小さいのでインフゾリア等を用意する必要がありますが、ある程度育てばブラインシュリンプ幼生を食べられるようになります。

インフゾリア の検索結果 | チャーム
「インフゾリア」に該当する商品一覧です。ペット用品の通販ならチャーム。常時65,000商品以上を在庫。チャームは年中無休、最短で翌日にお届け。
https://www.shopping-charm.jp/search?c=2c2c2c2c-2c2c-3130-3431-393831303030&q=%e3%83%96%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%83%97

バタフライ・レインボー“アルー2” まとめ

バタフライ・レインボー “アルー2”。

大きな背ビレと尻ビレを広げて舞う姿は、まさに水草水槽に舞う蝶のよう。
通常のバタフライ・レインボーに比べ明るさの強い色彩が魅力です。
ヒレの先端のオレンジの発色に希少性を感じますね。

流通が少なく高価な魚種ですので、ぜひ繁殖にチャレンジしたいところ。
繁殖方法自体は通常のバタフライ・レインボーと同様といわれており、インフゾリアの用意からブラインシュリンプ幼生を食べるまでの期間が難関となります。

アルー2は希少で入手が難しいレインボーフィッシュですが、ヨーロッパブリードの個体が少しずつ流通し始めています。
もし今後人気と需要が出てくれば、今より入手しやすくなるかもしれません。


レインボーフィッシュ関連記事

投稿者
ほにゃらら sp.

福島県産のワイルド個体。
ロカリティの詳細は残念ながら記録がない模様。
アクアリウム歴はだいたい20年くらい。
「同属内で多様なバリエーション」が好き。若干コレクター気味。
つまりコリドラスや、ミクロソリウムが最高。ということですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました