俺が勝手にオススメしたいアクアリウム用品<水草育成編>

水草・レイアウト
水草・レイアウト

みなさんこんにちは、Tです。筆者の独断と偏見でオススメ商品をご紹介する「俺が勝手にオススメしたい」シリーズ。今回勝手にオススメしたいのは「水草の育成」に関連する用品です。水草の育成においてはさまざまな器具が必要になります。その中でも「これはあったら便利!」というものをご紹介します。

絶妙なバランスを保って維持される水草の育成

水草の育成は水槽の中でさまざまなものが作用しあっています。水質・光・バクテリア・栄養素・CO2など、どれか1つが不足・過多になると水槽内の環境は悪くなってしまいます。水草育成は「繊細で奥深いアクアリウム」といえるでしょう。

今回は、大きな器具から小さな消耗品まであったら便利なものを厳選してご紹介していきます。

オススメの水草育成用品

それでは筆者が勝手にオススメしたい水草育成用品をご紹介しましょう!

CO2フルセット チャームオリジナルコンパクトレギュレーターDセットDX

いまや水草の育成には欠かせないCO2。けれど、何を選んだらいいか分からない、パーツを1つずつ買うのが面倒だという方も多いのではないでしょうか?そんなときは、チャームオリジナル CO2フルセットがオススメ!「コンパクトレギュレーターDセットDX」なら、タイマーや電磁弁だけでなくストックのCO2ボンベまでセットになっています!
水草の育成において、CO2の有無は世界を変えるといわれます。CO2があれば水草をより元気に育てられるだけでなく、育てられる種類の幅も広がりより充実したアクアリウムライフを送ることができるでしょう。

アクアリウム用接着剤 

「人とは違う独創的なレイアウトを組みたい!」「ビニールタイや紐で水草を巻くのは面倒だ」という方におすすめなのがアクアリウム用の接着剤です。水草の接着に適しているもの・石どうしの接着に接着しているものなど、使用したいシチュエーションに合わせて選べるのがうれしいポイント。定番のクリアやブラックの他に目立ちにくいカーキ等、アクアリウムならではのカラーバリエーションが展開されているのも魅力の1つです。

アクロ 水草育成セット

これから水草の育成や水草レイアウト水槽を始めたい。けれど、何をそろえたらよいか分からない!
という方にピッタリなのがチャームオリジナルの水草育成セットです。水槽サイズにあわせて、水草育成に必要な機材が全てそろっています。

タイマー類

ライトやCO2添加機器などの稼働時間を調節するために便利なのがこちらのタイマー。あなたの水槽には導入していますか?身近なものですが、意外と導入していない方もいらっしゃるのではないでしょうか。あらかじめ稼働開始・終了時刻を設定しておけば、あとは楽ちん!自動制御システムの完成です。
日々の管理がもっと正確に快適になりますよ。

固形肥料

液体肥料は即効性が高いのが魅力。ただし、調節が難しい側面があり、環境次第では規定量・規定間隔であっても水槽がコケまみれになってしまうこともあります。一方の固形肥料はゆっくりと効果が出るタイプが多いです。加えて、水槽立ち上げ時に底床に混ぜ込むのが基本であるため、急激な水質の変化を起こしにくいことが特徴です。これにより、水槽が一気にコケまみれになるなどのトラブルを避けつつも水槽内に栄養を与えることが可能になります。

メネデール 水草の活力素

水草好きの間では知らない人はいないほど、レイアウターから水草コレクターまで絶大な支持を得ている活力剤です。
二価鉄が含まれているので赤系の水草をより鮮やかな色にしてくれます。また、通常の液体肥料とは異なり、肥料分が入っていないのでコケが生える心配がありません。
定期的な添加だけでなくトリミング直後の添加も効果的です。

CO2拡散器 CO2マスターアドバンス

外部式フィルターのホースに接続すればCO2を強制的に添加することができる優れものです。
これさえあれば水槽内にCO2拡散器やホースがなくなり見た目がスッキリして美しい水景を作り出すことができます。12mm用と16mm用の2種類があり、複数のホース径に対応しているのもうれしいですね。水槽内にできる限り器具を入れたくない方には最高の一品!拡散器や拡散筒はコケが生えて定期的な掃除が必要ですが、CO2マスターならコケの発生はほとんどないので長期間お手入れ不要です!

※ただし、CO2が出ているのが目には見えにくくなるので機材や添加量の定期的な確認は忘れずに

ボンベアダプタキット(5/8-18UNFめねじ対応) 大型ボンベ用

水草水槽を何本も持っている方や、大型水槽をやっている方のご用達アイテムといえばミドボン。(ビールサーバーなどに使用される業務用の大型CO2ボンベ)
ミドボンの最大のメリットは大容量であることによる圧倒的なコスパと交換頻度の減少です。
ミドボンをアクアリウム用のCO2レギュレーターに接続したい時に活躍するのがこちらのアダプターです。ミドボン→アダプター→CO2レギュレーターを接続することで、業務用CO2ボンベをご家庭のアクアリウムで使用可能になります。
業務用のボンベを使いたいという方は、こちらの商品を忘れずにご購入ください!

まとめ

最後までお読みいただきありがとうございました。

いかがでしたでしょうか?こんな物も水草育成に使えるんだ!そんな商品もあったと思います。もしかすると普段使っている何気ない物も工夫次第で水草育成に使えるかも……?

\このシリーズの他の記事も見る/

投稿者
T

1997年10月8日生まれ。愛知県出身。アクアリウムは初心者で、ビギナーの心に寄り添った記事を目指しています。自宅でフトアゴヒゲトカゲを飼育(8歳)趣味のオートバイはかれこれ6年目に突入。

ティーよりコーヒーが好き。

Tをフォローする
Tをフォローする
AQUALASSIC(アクアラシック)

コメント

タイトルとURLをコピーしました