金魚の繁殖をしてみよう!

育成テクニック
育成テクニック金魚

どうも、ほにゃらら sp.です。

今回のテーマは金魚の繁殖について。
金魚の産卵は簡単ではありませんが、手順を守ればそう難しいものでもありません。

卵から金魚を育ててみるのも、また貴重な体験となるでしょう。

なお、金魚は1回の産卵で約1000~5000個ほど卵を産むといわれています。
それらすべてがふ化し、成魚まで育つわけではありませんが、向き合う覚悟と準備は必要です。

概要

春は金魚の産卵の季節。

金魚の繁殖は基本的に春に行われます。
繁殖には前年の秋~冬にかけて、いかにコンディションを整えておくかが最も重要です。

春になったらコンディションが整ったペアを合流させます。

オスがメスを追いかけていれば成功です。
上手くいけば翌朝には水草などの産卵床に産卵しています。

産み付けられた卵は約1~2週間ほどでふ化します。
泳ぎ始めるようになったら、ブラインシュリンプの幼生をふ化させて与えましょう。

ここまでが基本的な繁殖の概要となります。
それでは、以下でそれぞれの詳しい手順を紹介します。


前年の準備

金魚の繁殖は、前年の仕込みが成否を分けると言っても過言ではありません。
狙って繁殖させる場合は、繁殖させたい前年の10月頃が勝負です。

オスとメスを分けよう

金魚は生まれた翌年(2歳魚)から繁殖できます。
ただし、質の良い子を数多く採りたい場合は3~4歳魚を親に使うのがベストです。
それ以上高齢の魚を使うと、逆に産卵数が少なくなることもあります。

秋になったら繁殖させたい親魚を別々の水槽に分けて飼育し、たっぷりエサを与えましょう。
また、たくさんエサを与える分、水換えの頻度も多めにします。

水温が完全に下がりきるまでに、いかに大きく育てるかが重要です。

オスメスの区別

金魚の雌雄判別はかなり難易度が高いです。
総排泄孔(お尻の穴)の形が細長い楕円形状ならオス、円形に近い形状ならメスの可能性が高いです。

オスは細長い楕円形状のことが多い
メスは円形に近い形状のことが多い
追星が認められればオス確定

他にオスであれば「追星」おいぼしで確認することも可能です。
春になるとオスのエラブタと胸ビレの上にボツボツとした白い白点が現れます。
これはオスが繁殖可能な状態である合図でもあります。

追星が確認できればオスで確定です。
春以外に出ることは少ないので、準備を行う前年の秋~冬にはまだ確認できないことも少なくありません。

金魚の雌雄判別は、かなり難易度が高いです。
総排泄孔の形状には個体差があり、判断が微妙な個体も少なくない数存在します。
経験豊富なプロの目でも「翌春に産卵させようと思った親が、どちらもオスだった!」と間違えてしまうこともあります。

冬眠を経験させよう

できる限り大きく育て体力を付けさせたら、次は冬眠を経験させましょう。
冬眠を経験していない魚は、産卵成功率が低いといわれています。

ヒーターで加温して飼育した場合、失敗に終わる可能性が高いといわれています。
このため、繁殖を狙う場合はヒーターは使用しないほうが良いでしょう。

水温が10℃近くになったら冬眠の時期です。
エサを与えるのをやめ、その翌々日に水をいつもより多めに換えましょう。
水槽やトロ舟の壁面にコケが生えている場合は、多少見栄えが悪くてもそのままにしておきましょう。

そのまま翌年3月まで、冬眠させます。


春になったら

春になって水温が上昇してくると、金魚は冬眠から目覚めます。
目安として、水温18℃前後で完全に目覚め、産卵の準備が整ってきます。

産卵から目覚めたら、エサをたっぷりと与えましょう。

親魚の成熟を確認しよう

前年にエサをたっぷり与え十分に成熟していれば、冬眠から目覚めてエサをしばらく与えているとメス親のお腹が大きくなってきます。
この中には卵がたくさん詰まっており、これが「抱卵」している状態です。

一方でオスは顔の周りと胸ビレに白いニキビ状の突起がたくさん現れます。

これは「追星」と呼ばれる成熟のサインです。

メス親の抱卵とオス親の追星が確認できれば、産卵は高確率で成功します。

オスに出る追星
追星が見られればオスで確定です。

親魚を合流させよう

追星が確認できるオスと、卵を持ってお腹がふっくらしてきたメスがそろったら、準備完了です。

トロ舟、卵を付着させる産卵床(水草やシュロ、人工水草など)、エアレーションを用意します。
エアレーションには「投げ込み式フィルター」は採用せず、「スポンジフィルター」または「エアーストーン」を採用してください。

トロ舟
産卵床
エアーポンプ

水温が15~20℃ぐらいになったら、別々に飼育していた親を合流させます。

オスがメスを追いかけ回す様子

春になってから合流させることで、産卵成功率が高まります。
オスがメスを追い掛け回していれば、成功確率は高いです。

産卵は主に朝方に行われます。

一度に約1000~5000個もの卵を産むといわれており、その多産っぷりにはおどろきです。

もし産卵しなかったら

オスに追星が出ていること、メスのお腹がふっくらしていることの2点をまず確認してください。どちらか確認できていない場合は、産卵の準備がまだできていないかもしれません。

もし、どちらも確認できており、合流させてから2日たっても産卵しない場合は一度また別々の水槽に戻しましょう。
その後、3日ほどたっぷり餌を与えてから、天気の良い日に再度オスとメスを合流させましょう。

繁殖の成否は前年の秋にいかにコンディションを整えるかにかかっています。
産まない場合は秋までにコンディションを整え、翌年再チャレンジしてみましょう。


産卵に成功したら

産卵に成功すると産卵床に卵が付着しています。

親はそのままにしておくと卵を食べてしまいますので、トロ舟から隔離しましょう。

また、産卵後の水は産卵行動により汚れています。
全体の2/3程度、水換えを行いましょう。

マツモに付着した卵

産卵後の親は体力を消耗しているため、それぞれ別々の水槽で0.5%塩水浴で養生させるとベストです。

卵は水温にもよりますが1~2週間程度でふ化します。
目安として、水温20℃では1週間程度でふ化するでしょう。
それ以上水温が高ければより早く、低ければより遅くふ化します。

この性質を利用すれば、水温をヒーターなどでコントロールすることにより、ふ化のタイミングを調節することも可能です。


稚魚の育て方

稚魚はふ化後、2~3日はお腹にある「ヨークサック」と呼ばれる養分を吸収して育ちます。
エサはこの「ヨークサック」の吸収が完了し、泳ぎ始めてから与えましょう。

最初に与えるエサとしては、ブラインシュリンプの幼生をふ化して与えるのがおすすめです。
成長してきたら冷凍ブラインシュリンプやミジンコを与え、成長に合わせて冷凍赤虫やイトメ、人工飼料に切り替えると良いでしょう。

ブラインシュリンプ の検索結果 | チャーム
「ブラインシュリンプ」に該当する商品一覧です。ペット用品の通販ならチャーム。常時65,000商品以上を在庫。チャームは年中無休、最短で翌日にお届け。
ブラインシュリンプ | チャーム
ブラインシュリンプ ペット用品の通販ならチャーム。常時65,000商品以上を在庫。年中無休、最短で翌日にお届け。
https://www.shopping-charm.jp/product/2c2c2c2c-2c2c-2c2c-2c2c-313334313730?utm_source=aqualassic&utm_medium=46027&utm_campaign=kingyo
赤虫 | チャーム
赤虫 ペット用品の通販ならチャーム。常時65,000商品以上を在庫。年中無休、最短で翌日にお届け。
イトミミズ の検索結果 | チャーム
「イトミミズ」に該当する商品一覧です。ペット用品の通販ならチャーム。常時65,000商品以上を在庫。チャームは年中無休、最短で翌日にお届け。

▼こちらも参考

稚魚の色の変化

品種に関わらず稚魚は黒

生まれたばかりの金魚は、基本的に親の色に関係なく黒い色をしています。

金魚の稚魚は成長段階で呼び名が変わり、

針子→青子→黒子→トラ禿げ→当歳 と呼ばれます。

多くの品種ではトラ禿げの時期までは黒く、この時期にだんだんと黒が抜けてきて本来の赤や白などの発色が現れ始めます。

品種によっては、この色変わりの時期が遅く、成魚になってから赤くなるものもいます。

アルビノ系は変わらない
アルビノ系品種は最初から白い

基本的に金魚の稚魚は最初は黒く、成長に従って品種独自の色が現れるようになってきます。

しかし、アルビノ系品種に関しては例外です。
アルビノ系の品種の場合、最初から白い色で生まれてきます。

選別について

らんちゅうの稚魚
ふ化した魚を100%全て育て切ることは不可能

仮に1000個産卵して、その半分がふ化したとしても500匹です。
数百匹にも及ぶ稚魚を一般家庭で全て育てることは、事実上不可能と言っても過言ではありません。
また、全ての稚魚が理想とする形質を持ち合わせるわけではありません。

したがって、できるだけ理想に近い子を残して育てていく、「選別」という作業が必要となります。
金魚を繁殖させる以上は、この「選別」という作業を避けて通ることはできません。

選別基準は品種によってそれぞれ異なりますが、多くの品種に共通する基準は次の通りです。

一般的な選別基準
  • 背骨が曲がっていないこと
  • 尾がきちんと開いていること
  • 他の個体に比べ明らかに小さい
  • 奇形

色がまだ出ていない稚魚(針子、青子)のうちは、体形を重視します。

稚魚の時点で明らかに奇形が見られる個体は育てても長生きできない可能性が高く、早いうちにハネます。

尾の開きが悪い個体や、逆に開きすぎている個体もハネる対象です。

他の個体に比べ明らかに小さく、成長に遅れが見られる個体もハネる対象です。

細かい選別基準は品種によって異なりますので、各品種が理想とする形質に合わせてハネましょう。

「ハネる」とは?

「間引き」を指す金魚用語です。

数百、数千にも及ぶ稚魚を育てることは不可能です。
良質な金魚を育てるためには、質の悪い個体の除去は不可欠です。

より良い魚を育てるためにも、心を鬼にして質の悪い魚は間引きます。
間引かれた魚はかわいそうですが土に埋めるか、親魚にエサとして与えるのが一般的です。

またハネものでも可愛さは変わらないため、大切に飼ってくれる人がいれば譲るのも喜ばれるでしょう。

間引いた魚は間違っても川や池など、野外に流してはいけません!

自然水系に観賞魚を放流することは生態系の破壊につながります。
絶対にしてはいけません。

ハネるタイミング

選別作業は稚魚の成長段階に合わせ、段階的に行うのが効果的です。

ふ化後2週間を目安に最初の選別を行います。
最初は背骨が曲がっているなど、明らかに奇形が見られる個体をハネます。

ふ化後1カ月を目安に2回目の選別を行います。
この段階では尾の開きを中心に見て、開きが弱い個体、逆に開きすぎている個体をハネます。
尾が1枚しかないフナ尾の個体や、完全に開ききっていないツマミ尾の個体もハネます。

ふ化後2カ月を目安に3回目の選別を行います。
この選別で最終的に残す魚を決めることが多いでしょう。
この頃になると色が出てくることも多いです。総合的なバランスを見て、残す魚を決めましょう。

選別の際はハネる魚を決めるより、残す数を決めたほうが良いです。
ハネようとしている魚にもついつい良いところを見出したくなってしまうのが情というもの。
しかし、いつまでも数多く稚魚を残していては全ての個体の成長が遅れ、質の悪い魚になってしまいます。これでは本末転倒です。

選別段階ごとに、今回の選別では何匹残すのかを、心を鬼にして決めておくとよいでしょう。
このほうが、その後の結果が良くなります。


品評会について

一部の品種では各地に「品評会」が存在します。
「品評会」とは、どれだけ理想の魚に近づけたかを競うコンテストのようなものです。

品評会では一般的に品種や会ごとに理想とされる魚の色や形が決められており、それにどれだけ近い魚に仕上げられるかを競います。

金魚飼育を趣味としている方の中には、この品評会での上位入賞を目指して金魚の繁殖に取り組み、切磋琢磨している方もいます。

もし興味があれば、調べてみるのも良いでしょう。

品評会での人気品種

全国に愛好家が多く、各地に品評会が存在する人気品種を紹介します。

らんちゅう
東錦
土佐錦
出雲ナンキン

※ここで紹介した品種以外も、探せば会があるかもしれません。


遺伝について

金魚を繁殖させる楽しみの一つに、異なる品種を交配して自分だけの特徴を持った魚を作出することが挙げられます。

ここでは、特に異品種間で交配させた場合の形質の遺伝について解説します。

体色の遺伝

金魚の赤い色彩は潜性です。

野生型はフナのような黒っぽい体色で、この色彩が顕性です。

異なる体色の金魚を交配すると、F1は基本的にフナのような黒っぽい体色となります。

多くの金魚で見られる
素赤や更紗の表現は潜性
アイアンコメットで知られる
野生型の色彩(顕性)

なお金魚の遺伝に関しては、グッピーほど明らかになっているわけではなく、不明点も多いです。

潜性の体色

これらの体色は一遺伝子により制御された潜性の形質といわれています。
また素赤と更紗は遺伝的に同じとなるようです。紅白のバランスは個体によって異なります。

異なる色彩の品種と交配した場合、一般的にF1には現れません。
F2から25%の確率で出現します。

素赤・更紗
アルビノ
不完全顕性の体色

キャリコ系(モザイク透明麟)はヘテロで発現する表現です。
このためキャリコ系同士を掛け合わせても、必ず子は複数の表現に分離します。
透明麟の遺伝子をホモで持ち合わせた場合は「ミルク」の表現になります。

キャリコ同士を掛けた場合、普通鱗1:キャリコ2:ミルク1の割合に分離します。

なおモザイク透明麟と更紗と同時に持ち合わせた場合は「桜」、青と同時に持ち合わせた場合は「かすり」と呼ばれる表現になるようです。

キャリコ
ヘテロで発現のため固定不可
各色のバランスは個体差あり
ミルク
透明麟のホモで発現
昔はハネの対象だった

キャリコと更紗の二重表現
昔はハネの対象だった

キャリコと青の二重表現
流通量の少ない珍しい表現
詳細不明の体色

成長の過程で変化したり、遺伝様式がよくわかっていない表現です。


真っ黒のものと野生型に近いものがいる、遺伝様式は不明
黄金
比較的登場の新しい表現
遺伝に関しては詳細不明
紅葉
キャリコ系とは異なる透明麟
他の体色との併用が前提

形状の遺伝

形状の遺伝に関しては、おそらく一遺伝子による制御ではなく、複数の遺伝子により制御されているのではないかと考えられる形質が多く、はっきりとしたことはわかっていません。

肉瘤の有無、それの発達具合、尾ヒレの形状や長さ、開き具合などは非常に数多くの遺伝子により制御されている可能性が高いのではないか、と推測されます。

らんちゅうの背ビレの欠損にも数多くの遺伝子によって制御されている可能性があり、背ビレを持つ品種と交配させた後に背ビレの痕跡をなくすのは、何世代にもわたって交配させていく必要があるといわれています。

遺伝様式が分かっている表現の例としては、出目金の特徴である出目の表現は一遺伝で制御される潜性の表現であることが知られています。

出目は一遺伝の潜性
出目なし(顕性)
出目あり(潜性)

出目は一遺伝で制御される潜性の表現です。
出目でない品種と交配した場合、F1は全て普通目の個体が生まれます。

F2から約25%の確率で、出目の個体が出現します。

長い年月を要する品種改良

金魚の品種改良は大変興味深いものですが、不明点も多く、また世代交代には長い年月がかかります。
世代交代に2~3年かかるので、F2を得て交配可能になるまでには約6~9年かかります。

このため金魚の品種改良にチャレンジする際は、じっくりと腰を据えた長期計画で考える必要があるといえるでしょう。

メダカだとサイクルが早い
世代交代が早い=改良が進みやすい

一方で近年人気の改良メダカ。
メダカは1年に2~3回ほど世代交代できるので、改良の進みが早いです。

数年で数百品種にも及ぶほど多様化が見られるのは、このライフサイクルの速さが理由なのでしょう。

手っ取り早く品種改良を楽しみたい方は、もしかするとメダカのほうが手になじむかもしれません。

▼こちらも参考


金魚の繁殖 まとめ

長期計画でチャレンジしよう!
  • 金魚の飼育に慣れてきたら、産卵させてみるのも一つの楽しみです。
  • 卵から稚魚を育てる楽しみは、金魚飼育の中でも達成感が味わえる体験の一つです。
  • 理想の色形を備えた魚を求めて繁殖に取り組むのも奥深いです。
  • 異なる品種を掛け合わせて、新品種の開発を狙うのも良いでしょう。
  • 繁殖にチャレンジする際は、前年からの仕込みが重要です。
  • より良い魚を育てるためには、選別作業も欠かせません。

金魚は古来から日本で観賞魚として維持されてきた観賞魚であり、その繁殖はとても奥深いものです。
気に入った品種を系統維持し、理想の色形を追い求めるもよし、新品種を生み出してみるもよし。

また、品評会への出品に挑戦してみるのも良いかもしれません。

ぜひ、思い思いの方向性で、金魚の繁殖と向き合ってみてくださいね。

▼こちらも参考

投稿者
ほにゃらら sp.

福島県産のワイルド個体。
ロカリティの詳細は残念ながら記録がない模様。
アクアリウム歴はだいたい20年くらい。
「同属内で多様なバリエーション」が好き。若干コレクター気味。
つまりコリドラスや、ミクロソリウムが最高。ということですね。

AQUALASSIC(アクアラシック)

コメント

タイトルとURLをコピーしました