コリドラス・パンク<熱帯魚解説>

コリドラス
コリドラス種類解説(熱帯魚)

どうも、ほにゃらら sp.です。

今回紹介するのはコリドラス・パンク。

目に入る黒いバンドにスポット柄、黒い背ビレと、コリドラスの中でも広く見られる最もスタンダードといえる柄を持つコリドラスです。

コリドラス・パンクとは

生物学的情報
名前コリドラス・パンク
学名Corydoras leucomelas
別名コリドラス・パンクテータス
コリドラス・プンクテータス
コリドラス・レウコメラス
分類ナマズ目カリクティス科コリドラス亜科
食性雑食
ノーズショートノーズ
パンク系
分布ペルー ― パカヤ川、ナポ川
コロンビア
エクアドル
飼育要件
飼育しやすさ★★★★★
とても容易
入手しやすさ★★★★★
よく見かける
混泳しやすさ★★★★★
とても混泳向き
最大体長5cm程度
適正水温22~27℃
pH生存可能:5.5~8.0
適正範囲:6.0~7.0
備考特になし
標準的なコリドラスです。

コリドラス・パンクはペルー、コロンビア、エクアドル原産のコリドラスです。

アイバンド、ブラックトップ、スポットの柄を持っており、この柄はコリドラスの多くの種が持つスタンダードな柄のコリドラスといえます。モブ柄、無個性とも。

それゆえに、本種は“色彩などに特に目立つ部分はない”といわれます。
一方で、本種はワイルド系のコリドラスとしては最もスタンダードな種といえます。
ワイルド系コリドラスの飼育の基礎基本を学ぶ上では、まさにうってつけな存在です。

しかし本種の柄はスタンダードとされるだけあって、類似種が非常に多いです。
本種を起点にして、微妙な違いを持つ類似種を集めてみるのも楽しいでしょう。

人違いでつけられたニックネームが定着

本種は通称で「パンク」と呼ばれますが、学名はCorydorasコリドラス leucomelusレウコメラスで記載されており、「レウコメラス」の名の方が本来は正式です。

パンクの名の由来は別名の「プンクタータス」から来ているのですが、この由来となったCorydorasコリドラス punctatusプンクタータスは、本種とは全く関係のない別種だったりします。

本物プンクタータスの入荷は極めてまれで、非常に珍しいコリドラスです。

流通当初の混同から、現在に至っているようです。

コリドラス・プンクタータス(本物)
「パンク」の由来ですが、無関係の別種です。
パンクとは異なり、入荷はごくまれです。
コリドラス パンダ

パンダとも名前が似ていますが、パンクの命名とは特に関連はありません。

プンクタータスもパンダも、パンクとの混泳相性は良いです。
混泳させてみるのも、面白いかもしれませんね。

本種の飼育に関しては、熱帯魚飼育に必要とされる基本的な設備を整えていれば、それでOKです!
注意点があるにしても、底砂に砂粒の細かいものを採用するぐらい。

目が細かい砂を使おう
田砂

コリドラスと田砂は定番の組み合わせです。

田砂の砂粒はほどよく細かいうえに角が丸く、コリドラスのデリケートな髭を傷つけない点が評価されています。

他にも、“ほどよく細かく、粒の角が丸い”砂であればコリドラスと好相性です。相性の良い組み合わせを探してみましょう。

コリドラサンド
ナチュラルネグロサンド
No.111 Spring Water
アマゾン川の白砂

pHもどちらかといえば弱酸性を好みますが、そんなに気にしなくてOKです。
少しぐらいアルカリ性に傾いても平気です。
割と水質には寛容なので、あまり小難しく考えず、基本を押さえれば問題なく飼育できます。


バリエーション

コリドラス・パンク マディラ

ブラジル、マディラ川産のコリドラスです。

パンクに良く似た体形、アイバンドと背ビレの黒、細かいスポットを持つコリドラスです。

外見こそよく似ていますが、本種は通常のコリドラス・パンクとは産地が異なりマディラ川で採取された個体になります。
パンクのバリエーションか、はたまた別種か、詳細は不明です。

飼育は容易で、他のコリドラスと同様で問題ありません。


パンク似のコリドラス

コリドラス・プンクタータス

学名:Corydoras punctatus

スリナム原産のコリドラスです。

古くから知られている種でありながら、スリナムからの本物の流通がほとんどなく、幻のコリドラスとして珍重されています。
プンクタータスの名で入荷するコリドラスは「パンク」であることが多く、本種こそが本物のプンクタータスです。

頭部から全身に広がる細かなスポット模様、背ビレのブラックトップと尾ビレの模様等、他の人気種の良いところをすべて持ち合わせた魅力的な種です。

パンクよりもどちらかといえばジュリーに似た色彩をしており、パンクとは異なりアイバンドがないので区別は容易です。
しかし、名前の経緯を考えると、パンクを語る上では外せない種といえるでしょう。

飼育は容易で、他のコリドラスと同様で問題ありません。

コリドラス・アガシジィ

学名:Corydoras agassizii

ブラジル、ペルー、アマゾン川原産のコリドラスです。

「目にかかる黒帯(アイバンド)」「体側に斑点模様」「頭部に褐色~やや明るいオレンジ色」「背ビレが黒く染まる」「尾ビレに模様が入る」の5点が特徴です。

しかし、その特徴の個体差は大きく、結構ばらつきが見られます。

柄はまさにパンクと瓜二つですが、ノーズが異なる点で見分けられます。
むしろ後述する「アムビアクス」「デルファックス」のほうが本種と酷似しており、見分けづらい3種として知られています。
なお3種ともセミロングノーズなので、パンクとの識別は容易です。

パンクとの比較
  1. ノーズがセミロングノーズ
  1. ノーズがショートノーズ

柄こそ2種はそっくりですが、ノーズに着目すると形状が大きく異なります。
パンクはショートノーズである点で見分けられます。

コリドラス・アムビアクス

学名:Corydoras ambiacus

ペルー、アムビアク川原産のコリドラスです。
流通量の多いセミロングノーズ系コリドラスという点までアガシジィと一致し、識別が難しい相手です。

アガシジィとの相違点としては、「体高が比較的高いこと」「斑点がさらに大きくまばらなこと」の2点が挙げられます。

アガシジィ同様、パンクとはノーズを見れば一発で見分けられます。

コリドラス・デルファックス

学名:Corydoras delphax

コロンビア、オリノコ川原産のコリドラスです。
こちらも流通量の多いセミロングノーズ系コリドラスと言う点までアガシジィと一致し、識別が難しい相手です。

アガシジィとの相違点としては、「斑点模様の密度」が挙げられます。
本種のほうがスポットが細かく密集して入る傾向があります。
尾ビレのスポットが繊細な点にも注目です。

こちらもアガシジィ同様、パンクとはノーズを見れば一発で見分けられます。

コリドラス・アマンダジャネア

学名:Corydoras amandajanea

ブラジル、ミウア川原産のセミロングノーズ系コリドラスです。
パンクと生息地はかぶりません。

本種の背ビレのブラックトップは背ビレの付け根まで続き、体側の細かい模様が特徴的な種です。
尾ビレに模様が入るタイプや体側の細かいスポットが目立たないタイプなど、模様にバリエーションが多いことでも知られています。

飼育は容易で温和なことから、混泳にも適しています。


有用なアイテム

おすすめの組み合わせは次の通りです。

水槽フィルター底床
30~90cm外掛け、上部、外部タブレット、顆粒(沈下性)

パンクの飼育に関しては教科書通りの飼育で十分対応できるため、初心者の方でも飼育しやすいコリドラスです。

コリドラス全般に共通する基本的な性質については、コリドラス共通ページをご覧ください。

コリドラス
「コリドラス」の記事一覧です。

混泳について

パンクは非常に混泳向きのコリドラスです。
コリドラス同士であれば基本的に問題ありません。

グッピー、プラティ、テトラ、ラスボラ……
人気の小型熱帯魚とも混泳相性は抜群です。

混泳相手混泳相性備考
グッピー
グッピーは弱アルカリ性を好みます。
プラティ・卵胎生メダカ
多くの卵胎生メダカは弱アルカリ性を好みます。
カラシン・小型テトラ
コイ・ラスボラ
ローチ・ボーシャ・タニノボリ
ローチ、タニノボリ系は好相性です。
ボーシャ系の攻撃性を持つ種では注意が必要です。
フライングフォックス/アルジイーター
ドワーフシクリッド
アフリカンシクリッド
×
エンゼルフィッシュ
ディスカス
ベタ・グラミー・アナバス
コリドラス
オトシンクルス・ロリカリア
大型種の場合、遊泳域が重なるのでエサの取り合いが発生することがあります。
サイズや飼育数、遊泳スペースを調整すれば問題はありません。
※一般的なオトシンクルスやオトシンネグロは特に問題はありません。
プレコ
大型種の場合、遊泳域が重なるのでエサの取り合いが発生することがあります。
サイズや飼育数、遊泳スペースを調整すれば問題はありません。
※タイガー、ブッシープレコ系はトラブルを起こしにくいでしょう。
※セルフィン、ロイヤルプレコ系は力関係を要観察です。
レインボーフィッシュ
ハゼ・ゴビー
遊泳層がかぶるため、攻撃性の高い種では注意が必要です。
フグ・パファー
×
エビ・ビーシュリンプ
稚エビは食べられる可能性があります。
コリドラス・パンクの混泳相性表
※混泳相手の種や性格によっては、例外もあります。
◎・・・混泳に適した組み合わせです。
〇・・・混泳は可能ですが、種や個体の性格によっては工夫が必要な場合もあります。
△・・・混泳は不可能ではありませんが、適しているとは言えません。工夫次第で可能になる場合もあります。
×・・・混泳には適さない組み合わせです。

基本的には、コリドラスに対し攻撃を仕掛ける生体でなければ、ほとんどなんでも混泳可能です。
コリドラスがトラブルの火種になることは少ないですが、コリドラス以外の同居魚同士の相性はよく考えてあげてくださいね。

コリドラス以外の生体間での相性はあるので、留意しましょう。


コリドラス・パンク まとめ

コリドラス・パンク。

特徴のない柄といわれますが、名前の経緯や類似種との関係性をたどってみると、意外と奥の深いコリドラスだと思います。
パンクのような「アイバンド」「ブラックトップ」「スポット」柄が多くの種で共通して見られるのは、きっと生存に有利に働く何らかの意味があるのでしょう。

また、パンクはワイルド個体の流通が主流でありながら入手性も良く、初めて飼育するワイルドのコリドラスが本種となる方もきっと多いことでしょう。

ワイルド個体というと気難しいイメージがあるかもしれませんが、本種は水質にはあまり注文を付けてこないため、丈夫で飼育しやすい点もありがたい魅力です。

はじめてのワイルド系コリドラスとして、あるいは、ポピュラーながらも奥深さのあるコリドラスとして。
コリドラス・パンクに注目してみませんか。

Corydoras leucomelas の検索結果 | チャーム
「Corydoras leucomelas」に該当する商品一覧です。ペット用品の通販ならチャーム。常時65,000商品以上を在庫。チャームは年中無休、最短で翌日にお届け。

コリドラス関連記事

コリドラスの世界
熱帯魚界の「ソコモノ」代表、コリドラスの情報サイト。コリドラスの飼育に必要な全ての基礎知識と、厳選した人気種をピックアップして紹介しています。
超コリドラス大図鑑<チャーム過去取扱い全種一覧>
チャームに過去入荷したことのあるコリドラス全種を一覧化。200種以上を網羅したコリドラス図鑑です。名称検索や絞り込み検索も可能です。
コリから目線でモノを言う
コリドラス専門コラムの一覧です。 コリドラスが底砂を深掘るように、「コリから目線」で語ります。
投稿者
ほにゃらら sp.

福島県産のワイルド個体。
ロカリティの詳細は残念ながら記録がない模様。
アクアリウム歴はだいたい20年くらい。
「同属内で多様なバリエーション」が好き。若干コレクター気味。
つまりコリドラスや、ミクロソリウムが最高。ということですね。

AQUALASSIC(アクアラシック)

コメント

タイトルとURLをコピーしました