コリドラス・ナポエンシス<熱帯魚解説>

コリドラス
コリドラス種類解説(熱帯魚)

どうも、ほにゃらら sp.です。

今回ご紹介するのはコリドラス・ナポエンシス。
エレガンスタイプのコリドラスの中では、比較的入荷が見られる種類です。

ナポエンシスの名で入荷するコリドラスは、実は2種類います。
それぞれ「ゴールドスポットタイプ」と「ナヌスタイプ」と呼ばれています。

今回は、この2タイプの違いについても紹介していきましょう。

コリドラス・ナポエンシスとは

コリドラス・ナポエンシス
“ゴールドスポットタイプ”
コリドラス・ナポエンシス
“ナヌスタイプ”
生物学的情報
名前コリドラス・ナポエンシス
学名Corydoras nanus
Corydoras napoensis
?
別名コリドラス・ナヌス
分類ナマズ目カリクティス科コリドラス亜科
食性雑食
ノーズエレガンスタイプ
エレガンス系
分布ペルー-ナポ川
飼育要件
飼育しやすさ★★★★★
とても容易
入手しやすさ★★★☆☆
ふつう
混泳しやすさ★★★★★
とても混泳向き
最大体長5cm程度
適正水温20~27℃
pH生存可能:5.5~8.0
適正範囲:6.0~7.0
※あまり気にしなくてOK
備考よく泳ぐので遊泳スペースを広くとる

ナポエンシスはペルー、ナポ川原産のコリドラスです。
以前はエレガンス系の他種と混同され、コリドラス・ナヌスなど複数のインボイスで知られていました。

両者の共通点として黒の地色に金のスポットが入り、体高の低いエレガンス系の体型をしており、エレガンスと同様に成熟に伴い雌雄で柄が大きく変化します。
また、エレガンスタイプらしく遊泳性が高く活発に泳ぎ回ります。

ぱっと見、この2タイプは非常によく似ています。

しかしオスは背ビレに着目すれば一発で判定できるでしょう。
メスは、体色がまるっきり違います。

背ビレに大きな黒斑があるのが
ゴールドスポットタイプ。
背ビレは無地となるのが
ナヌスタイプ。
ゴールドスポットタイプ
オス個体
メス個体

オスは黒い体色に頭部の金のスポットがよく目立ち、背ビレの黒い斑点がはっきりと見られる特徴を持ちます。

メスは色味が極端に薄く、ほとんど無地に近い色彩をしています。

ナヌスタイプ
オス個体
メス個体

オスは黒い体色に尾筒付近に金のライン及びスポット状の複雑な模様を持ち、背ビレや尾ビレには目立った模様を持ちません。

メスは色味が全体的に薄く、オスに比べ模様がやや単調です。

2タイプあるうち、“ゴールドスポットタイプ”とされる個体が、いわゆる本物のナポエンシスなのではないかと考えられています。

一方で“ナヌスタイプ”とされる個体は、Corydoras nanusとして記載される種に外観が近いです。
しかしnanusの記載産地はスリナムにあるオエルマリ川となり、ナポエンシスとして入荷されるペルーのナポ川からは相当離れています。

このため、ペルーから入荷する“ナヌスタイプ”の個体が本当にCorydoras nanusなのかは、詳細不明です。
同種かもしれませんし、よく似た別種なのかもしれません。

生態はやや特殊な面がありますが、飼育に関しては一般的なコリドラスと同じでOK。
熱帯魚飼育に必要とされる基本的な設備を整えていれば、それでOKです!

注意点があるにしても、底砂に砂粒の細かいものを採用するぐらい。

目が細かい砂を使おう
田砂

コリドラスと田砂は定番の組み合わせです。

田砂の砂粒はほどよく細かいうえに角が丸く、コリドラスのデリケートな髭を傷つけない点が評価されています。

他にも、“ほどよく細かく、粒の角が丸い”砂であればコリドラスと好相性です。相性の良い組み合わせを探してみましょう。

コリドラサンド
ナチュラルネグロサンド
No.111 Spring Water
アマゾン川の白砂

一応、大磯砂でも飼育は可能です。

飼育難易度は、ごくふつうのコリドラスといったところでしょう。

よく泳ぎ回るコリドラスなので、レイアウトは凹型または三画構図で開放感あるものにしたほうが本種の生態を楽しめます。

▼レイアウトに関してはこちらを参考


ナポエンシス似のコリドラス

コリドラス・ウンデュラータス

学名:Corydoras undulatus

アルゼンチン、ラプラタ水系原産のコリドラスです。
ナポエンシスはアマゾン川の支流が産地なので、ウンデュラータスの産地とは実に約4000kmも離れている地域に分布しています。

オスはナポエンシス“ゴールドスポットタイプ”に似た柄を持ちますが、こちらは体高がある点で区別できます。
また背ビレに黒斑が入りません。

メスは無地に近くなりますが、ナポエンシスとは異なり白ではなくダークグリーンを基調とした色合いになります。

エレガンスタイプとされるコリドラスの中では、本種は最も体高が出ることでも知られています。

ウンデュラータス
メス
ナポエンシス“ゴールドスポットタイプ”との比較
ナポエンシス“ゴールドスポットタイプ”
オス
体高が低く胴が長い
背ビレに黒斑あり
ナポエンシス“ゴールドスポットタイプ”
メス
  1. 体高が低い
  2. オスは背ビレに黒斑が入る
  3. メスは白っぽく染まる
ウンデュラータス
オス
体高が高く寸詰まり
背ビレに黒斑なし
ウンデュラータス
メス
  1. 体高が高い
  2. オスの背ビレは無地
  3. メスはダークグリーンに染まる

色柄はよく似ていますが、両者は体高が大きく違うのでまずこの点で識別可能です。
オスは背ビレの黒斑、メスは全体的に色彩が異なるので、慣れれば識別は容易です。

また、産地も大きく異なります。
ナポエンシスはペルーより時折入荷がありますが、ウンデュラータスはアルゼンチン産となり、入荷は少なめです。

コリドラス・エレガンスsp.イエローフィン

学名:Corydoras sp.“Yellow fin”
Corydoras napoensis?
Corydoras nanus?

ペルー原産のコリドラスです。
ナポエンシスが分布するナポ川の一本隣にある支流、ナナイ川に分布します。

エレガンスに似た体型・模様を持つ種で、各ヒレが黄色く染まることから“イエローフィン”と呼ばれます。
ナポエンシス“ナヌスタイプ”にも似ています。

古くから流通が見られる種ですが、分類については不明点が多く詳細はよくわかっていません。

エレガンス同様美しい種で、活発に泳ぎ回ります。
飼育も容易なうえ、性格も温和で混泳にも向いています。

ナポエンシス“ナヌスタイプ”との比較
ナポエンシス“ナヌスタイプ”
  1. 白い斑点が明瞭に入る
  2. 各ヒレは透明
エレガンスsp.“イエローフィン”
  1. 白い斑点が入らない
  2. 各ヒレが黄色に染まる

有用なアイテム

必要な器具類は、通常のコリドラス飼育と特に変わりません。

ナポエンシスは2タイプとも遊泳性が強いので、レイアウトには開放感を持たせましょう。
自由に泳げる空間を広くとることが重要です。

おすすめの組み合わせは次の通りです。

水槽フィルター底床
30~90cm外掛け、上部、外部タブレット、顆粒(沈下性)

ナポエンシスの飼育に関しては2タイプとも教科書通りの飼育で十分対応できるため、初心者の方でも飼育しやすいコリドラスです。

コリドラス全般に共通する基本的な性質については、コリドラス共通ページをご覧ください。


混泳について

ナポエンシスは非常に混泳向きのコリドラスです。
コリドラス同士であれば基本的に問題ありません。

グッピー、プラティ、テトラ、ラスボラ……。
人気の小型熱帯魚とも混泳相性は抜群です。

混泳相手混泳相性備考
グッピー
グッピーは弱アルカリ性を好みます。
プラティ・卵胎生メダカ
多くの卵胎生メダカは弱アルカリ性を好みます。
カラシン・小型テトラ
コイ・ラスボラ
ローチ・ボーシャ・タニノボリ
ローチ、タニノボリ系は好相性です。
ボーシャ系の攻撃性を持つ種では注意が必要です。
フライングフォックス/アルジイーター
ドワーフシクリッド
アフリカンシクリッド
×
エンゼルフィッシュ
ディスカス
ベタ・グラミー・アナバス
コリドラス
オトシンクルス・ロリカリア
大型種の場合、遊泳域が重なるのでエサの取り合いが発生することがあります。
サイズや飼育数、遊泳スペースを調整すれば問題はありません。
※一般的なオトシンクルスやオトシンネグロは特に問題はありません。
プレコ
大型種の場合、遊泳域が重なるのでエサの取り合いが発生することがあります。
サイズや飼育数、遊泳スペースを調整すれば問題はありません。
※タイガー、ブッシープレコ系はトラブルを起こしにくいでしょう。
※セルフィン、ロイヤルプレコ系は力関係を要観察です。
レインボーフィッシュ
ハゼ・ゴビー
遊泳層がかぶるため、攻撃性の高い種では注意が必要です。
フグ・パファー
×
エビ・ビーシュリンプ
稚エビは食べられる可能性があります。
コリドラス・ナポエンシスの混泳相性表
※混泳相手の種や性格によっては、例外もあります。
◎・・・混泳に適した組み合わせです。
〇・・・混泳は可能ですが、種や個体の性格によっては工夫が必要な場合もあります。
△・・・混泳は不可能ではありませんが、適しているとはいえません。工夫次第で可能になる場合もあります。
×・・・混泳には適さない組み合わせです。

基本的には、コリドラスに対し攻撃を仕掛ける生体でなければ、ほとんどなんでも混泳可能です。
コリドラスがトラブルの火種になることは少ないですが、コリドラス以外の同居魚同士の相性はよく考えてあげてくださいね。

コリドラス以外の生体間での相性はあるので、留意しましょう。


コリドラス・ナポエンシス まとめ

“ゴールドスポットタイプ”
“ナヌスタイプ”

コリドラス・ナポエンシス。

“ゴールドスポットタイプ”と“ナヌスタイプ”の2タイプが知られ、どちらも古くから流通のある種ですが分類に関しては謎の多いコリドラスといわれています。

どちらも共通して、エレガンスグループのコリドラスとしては比較的入手しやすい種です。
活発に泳ぎ回るので、見ていて賑やかなコリドラスといえます。

2タイプとも慣れれば案外見分けやすいので、両方集めてみるのも面白いかもしれませんね。

https://www.shopping-charm.jp/search?c=2c2c2c2c-2c2c-3133-3336-303030303030&q=%e3%82%b3%e3%83%aa%e3%83%89%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%bb%e3%83%8a%e3%83%9d%e3%82%a8%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%82%b9

コリドラス関連記事

コリドラスの世界
熱帯魚界の「ソコモノ」代表、コリドラスの情報サイト。コリドラスの飼育に必要な全ての基礎知識と、厳選した人気種をピックアップして紹介しています。
超コリドラス大図鑑<チャーム過去取扱い全種一覧>
チャームに過去入荷したことのあるコリドラス全種を一覧化。200種以上を網羅したコリドラス図鑑です。名称検索や絞り込み検索も可能です。
コリから目線でモノを言う
コリドラス専門コラムの一覧です。 コリドラスが底砂を深掘るように、「コリから目線」で語ります。
投稿者
ほにゃらら sp.

福島県産のワイルド個体。
ロカリティの詳細は残念ながら記録がない模様。
アクアリウム歴はだいたい20年くらい。
「同属内で多様なバリエーション」が好き。若干コレクター気味。
つまりコリドラスや、ミクロソリウムが最高。ということですね。

AQUALASSIC(アクアラシック)

コメント

タイトルとURLをコピーしました